« 〔フクシマ・現場・ツイッター〕 温度計は42℃超えてたぞ!血液が暑いのがわかるなんてなかなか無いよなぁ。 | トップページ |  〔フクシマ・NEWS〕 「フォート・キャリフーン」「クーパー」両原発 NRC ミズーリ川水位を「注意深く監視」 連邦ダム 8月半ばまで「記録的な放水」続行 「フクシマ」と同時並行で危機進行 フランスの原発は渇水危機 「破局の夏」をなんとしても回避せよ! »

2011-06-23

〔フクシマ・内部被曝・レクチャー〕 琉球大学 矢ケ崎克馬・名誉教授 「基準内 食べてよい」は 「まったくの詭弁。国家によるダマシ」

 週刊朝日 ⇒ http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20110602-02/4.htm

 上記記事で琉球大学の矢ケ崎克馬・名誉教授(物性物理学)がこう指摘している。

 「内部被曝の恐ろしさは、1千万分の1グラムのヨウ素131が体内に8日間とどまっていた場合、1シーベルト被曝した計算になるほどなのです」

 記事はさらにこう続く。

 1シーベルトといえば、一般人の年間被曝上限である1ミリシーベルトの1千倍である。全身に浴びれば、遺伝子の自己修復が間に合わなくなり死亡者が出る可能性もあるほどの線量だ。

 そして矢ケ崎氏。「『基準内であれば食べてもいい』というのはまったくの詭弁。国家によるダマシです。少量であっても放射線が遺伝子を傷つけることは間違いない」

 ☆ ツイッター情報 @tatsuofujii  ⇒ http://twitter.com/#!/tatsuofujii

Posted by 大沼安史 at 08:00 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・内部被曝・レクチャー〕 琉球大学 矢ケ崎克馬・名誉教授 「基準内 食べてよい」は 「まったくの詭弁。国家によるダマシ」: