«  〔フクシマ・NEWS〕 「フォート・キャリフーン」「クーパー」両原発 NRC ミズーリ川水位を「注意深く監視」 連邦ダム 8月半ばまで「記録的な放水」続行 「フクシマ」と同時並行で危機進行 フランスの原発は渇水危機 「破局の夏」をなんとしても回避せよ! | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 ロバート・ケリーIAEA元特別査察官(米国人原子力エンジニア) 「天野IAEA」を厳しく批判 「IAEA独自の放射能雲拡散予測を発表していれば、日本の避難民を助けることができた!」 »

2011-06-23

〔フクシマ・NEWS〕 NRC発表 「フォート・キャリフーン原発」 構内 60センチの浸水

Fortcalhoun_460x276

 米NRCが22日、発表したところによると、「フォート・キャリフーン原発」構内に増水したミズーリ川の水が流入し、多くの地点で高さ2フィート(60.96センチ)浸水している。
 ⇒ http://www.nrc.gov/reading-rm/doc-collections/news/2011/11-030.iv.pdf

 The NRC has augmented its inspection staff at Fort Calhoun where there is now two feet of water in many areas onsite.

 同原発には高さ8フィート=2.438メートル、底の幅16フィート=4.87メートルの、水を詰めた「ダム」(バリアー、berm)が設けられ、6フィート=1.829メートルまでの構内浸水から炉などを守ることができる防護体制がとられている。
 同原発には非常用ディーゼル発電機(1機)、給水ポンプ(複数)、サンドバッグ(同)も運び込まれた。
 The licensee has erected a water-filled berm around the powerblock – vital areas including the containment and auxiliary buildings. The berm is eight feet tall and 16 feet wide at the base, and provides protection for up to six feet of water. The dam also protects several pieces of equipment which have been brought onsite, including an additional emergency diesel generator for supplying AC electrical power, water pumps, firefighting equipment and sandbagging supplies.

 NRCによると、同原発の非常発電用のディーゼル燃料タンクは満杯だが、追加で2基、燃料タンクを搬入している。(ディーゼル燃料が底を尽き)電源が完全喪失しても、(「フクシマ・ダイイチ」にはなかった――大沼)天然ガスで作動するポンプが、核燃料プール、及び炉心に冷却水を送り込むことができるとしている。

 Existing diesel fuel tanks have been topped off and two additional fuel tanks have been brought onsite. If there is a complete loss of power on site temporary pumps that run on natural gas can circulate cooling water through the spent fuel pool and reactor core. 

 一方、NRCの発表によると、「クーパー原発」の敷地とミズーリ川の水面の間にはまだ、2.5フィート=76.2センチの「余裕」がある。

 Cooper, located in Brownville, Neb., sits two and a half feet above current river levels.

Posted by 大沼安史 at 09:33 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 NRC発表 「フォート・キャリフーン原発」 構内 60センチの浸水: