« 〔フクシマのお母さんの声〕 線量計バッチを配られたのはごく一部の場所の学校のみです。学校の先生が線量計を身に着けてます。マスク率も市内は高くありません。普通に生活している人も多いです。ウチは、カッパ着せて登校させてます。福島の夏は暑いです。そろそろみんなの我慢も限界になるんじゃないかな | トップページ | 〔フクシマ・ノート〕 「日本流」にレッドカード 米国やドイツなどから厳しい「アマノ・ジャパン・バッシング」 »

2011-06-09

〔★ フクシマ・NEWS〕 G8のうち3ヵ国が「アマノ IAEA」を批判 原発安全基準づくりから「隔離」

 ウォールストリート・ストリート・ジャーナル紙の日本語版・英語本版に、衝撃的ともいえるきわめて重要な記事が掲載された。

 日本版 「原発安全基準の策定でIAEA外しの動き」 ⇒ http://jp.wsj.com/World/node_247395
 英語版 「IAEA 日本の危機をめぐり批判浴びる(IAEA Draws Fire Over Japan Crisis)」 ⇒ http://online.wsj.com/article/SB10001424052702304906004576371781243470772.html?KEYWORDS=Amano

 ふたつとも同一内容である(日本版は本版の日本語訳)。

 そにれよると、「フクシマ」をめぐる対応、および今度の「原発安全基準」づくりをめぐって、G8(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、英国、米国)のうちの「3ヵ国」の「政府高官が原発安全基準の策定議論からIAEAの天野之弥事務局長を外そうとしている」。

 記事はさらにこう続く。

 「3カ国で原子力を担当する政府高官は、このところ、IAEAは東京電力福島第1原発の危険性について迅速かつ正確な分析を行なわなかったと声高ではないながらも批判している」

 「これらの政府高官は特に、IAEAと日本の元外交官である天野事務局長が日本政府の核防災計画や事故発生後の対応について適切な追及を行なったかどうかを問題視している。

 「これら政府高官の一部は、2009年のIAEA事務局長選で天野氏を支持したが、現在では天野事務局長がいまだに日本政府の影響下にあるのではないかと危惧している」

 (対応する英文記事は、末尾に)

 WSJの記事はさらに、

 ① 「7日」、パリで開かれた「原子力の安全に関する閣僚級セミナー」がIAEAの定例理事会に重なったことから、天野事務局長が「閣僚級セミナー」に出席しなかったこと

 ②国連の潘基文事務総長が、ニューヨークで開催される第66回国連総会に合わせて「原子力の安全と核の安全保障に関する首脳級会合を開催する」ことを発表した「9月22日」も、IAEAの年次総会にぶつかっていること――を指摘し、

 原発安全協議の場から、「アマノIAEA」を外す動きが出ていることを示唆した。

 G8のうち3カ国の上級外交官によると、主要会議の日程が重なっているのは偶然ではないと指摘する。パリの閣僚セミナーに出席したある政府高官は、「天野氏が出席できないようにスケジュールが決められている。原子力の安全に関してIAEAの存在感を薄めようとしている」と述べた――という。

 Officials in three Western countries are attempting to sideline the head of the International Atomic Energy Agency from international nuclear safety discussions amid their growing concerns about the U.N. nuclear agency's handling of Japan's atomic crisis, say officials familiar with the matter.

 Senior nuclear-affairs officials from the three nations in recent weeks have quietly criticized the IAEA for failing to provide quick and accurate analysis of the danger posed by the accident at the tsunami-stricken Fukushima Daiichi plant.

 In particular, they have raised questions about whether the agency and its head, former Japanese diplomat Yukiya Amano, have adequately criticized Japan's nuclear disaster plans and response to the crisis.

 Some of these officials, who supported Mr. Amano's election to head the agency in 2009, now are concerned that Mr. Amano is still under Tokyo's sway.

Posted by 大沼安史 at 10:37 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★ フクシマ・NEWS〕 G8のうち3ヵ国が「アマノ IAEA」を批判 原発安全基準づくりから「隔離」: