« 〔フクシマ・ビデオ・NEWS〕 ワンちゃんが2匹いる! | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 文科省が「ストロンチウム汚染」を、ようやく「明らかにした」 »

2011-06-08

〔フクシマ・メモ〕 WSJ紙 事故直後の緊迫した日米間のやりとりを再現 「事故が起きて数時間の間、彼ら(日本の当局者)は状況の重大性を分かっていないようだった」*「首相官邸からの情報が遅く、断片的にしか届かないので、ルース大使は防衛省や外務省、果ては財務省の内閣レベルの当局者に電話をかけまくった」*「情報が入って来ないので米海軍は海軍機に搭載した測定器を使って(データを集め)放射能雲の拡散シミュレーションを行った」*キャンベル次官は藤崎大使に「お国の存亡がかかっていることではないか」と告げた

 7日付けのウォールストリート・ジャーナル(電子版)の報道で、事故直後の日米両政府間の緊迫したやりとりが明らかになった。⇒ http://online.wsj.com/article/SB10001424052702304432304576369753543372860.html
 
 「日本 事故の重大さをようやく認める メルトダウン後、日米関係 緊張(Japan Concedes Severity of Blast:Nuclear Disaster Strained Relations With U.S. in Days After the Meltdown)」と題された記事のハイライトは以下の通り。

 *「事故が起きて数時間の間、彼ら(日本の当局者)は状況の重大性を分かっていないようだった。最初、彼らはわれわれ(アメリカ側)のどんなサジェスチョンも受け付けなかった」(在東京の米政府当局者の証言)

 "In those early hours, they didn't seem to understand the severity of the situation," said one U.S. official in Tokyo. "In the beginning, they weren't taking any suggestions from us at all."

 *「われわれは(事故数日にして)核燃料に重大な損傷が起きていることに、かなり自信を持っていました。損傷した燃料からだけ発生する高い放射線のレベルを示す、さまざまなインディーケーターがあったからです」(米原子力規制委員会=NRCのビル・ボルチャード事務局長、5月にニューヨークで語る)

 "We felt pretty confident [within a few days of the accident] that there was significant fuel damage," Bill Borchardt, the NRC's operations chief, said in New York late last month. "There were numerous indications of high radiation levels that can only come from damaged fuel at those kinds of levels."

 *事故発生後、数日間、アメリカのルース駐日大使は「24時間」、日本の当局者に対して電話をかけ続けた。首相官邸からの情報が遅く、断片的にしか届かないので、ルース大使は防衛省や外務省、果ては財務省の内閣レベルの当局者に電話をかけまくった(米当局者の証言)

 In the accident's early days, the U.S. ambassador in Tokyo, John Roos, made "around the clock" phone calls to Japanese officials, according to a U.S. official. Upset by the slow trickle of data from Prime Minister Naoto Kan's office, he began calling Cabinet-level officials representing the ministries of defense, foreign affairs and even finance, this official says.

 *情報が入って来ないので米海軍は海軍機に搭載した測定器を使って(データを集め)放射能雲の拡散シミュレーションを行った。原発の160キロ北東の大気中で低レベルの放射能汚染を検出したのを受け、第七艦隊は3月14日、再展開を行った。

 Worried by the data deficit, the U.S. Navy began running simulations of the radioactive plume using detectors on Navy aircraft. On March 14, the Navy's Seventh Fleet redeployed after detecting low-level contamination in the air about 100 miles northeast of the Daiichi plant.

 *米国がとくに懸念したのは、炉は停止しているものの燃料棒が貯蔵されている4号機の使用済み燃料プールだった。

 The U.S. was particularly worried about the spent-fuel pool at the plant's reactor No. 4, where active fuel rods were stored as the reactor was offline.

 *「われわれは(4号機の)使用済み燃焼プールに水がないと信じている」と、ヤツコNRC委員長は3月16日、連邦議会下院で証言した。この点について東電の当局者は、燃料棒が損傷し放射性物質の漏洩は続いているものの、プールに水が存在することを確認できている。

 "We believe … there is no water in the spent-fuel pool," Nuclear Regulatory Commission Chairman Gregory Jaczko told a House panel on March 16. Ultimately, Tepco officials were able to confirm the presence of water, although the fuel rods were damaged and leaked radiation.

 *ヤツコ委員長が下院で証言する数時間前まで、ルース大使は在日アメリカ人に対して「日本政府の12マイル(20キロ)圏外避難指示に引き続き従うよう」呼びかけていた。しかしその日のうちに米政府は在日アメリカ人に対して50マイル(80キロ)圏内から脱出するように告げた。米国務省は米国市民の日本旅行を止めるよう要請した」

 Hours before Mr. Jaczko's testimony, Mr. Roos, the U.S. ambassador in Tokyo, had said Americans in Japan should "continue to follow the advice of the Japanese government" on the 12-mile evacuation zone. But later that day, the U.S. told Americans within 50 miles of the plant to get out. The State Department also urged U.S. citizens to defer travel to Japan.

 *一方、米当局者によると、(ワシントンでは)国務省のカート・キャンベル次官が3月16日、長年の友人である日本の藤崎一郎大使のオフィスに4、5回、電話をかけた。キャンベル次官は藤崎に大使に、米国は(日本政府よりも)より広い避難圏を発令しているはずだ、と告げ、異なった避難圏が設定されると日本は困惑するとの大使の懸念を一蹴した。米当局者によると、キャンベル次官は藤崎大使に「あなたの国の存亡がかかっていることではないか」と告げた。

 A U.S. official said Assistant Secretary of State Kurt Campbell called Japanese Ambassador Ichiro Fujisaki, a longtime friend, to his office four or five times on March 16. Mr. Campbell told Mr. Fujisaki that the U.S. might have issue broader evacuation warnings, and brushed aside the ambassador's fears that the divergent views on evacuation could embarrass Japan.
 One U.S. official says Mr. Campbell told Mr. Fujisaki that "the survival of your nation" was at stake.

 *藤崎大使は事故を起こした原発から、情報が速やかに伝わらなかったことが障害になっていた、と当時を振り返った。大使は米国の支援と素早い対策に感謝した。3月18日、NRCの専門家たちは東電側と最初のミーティングを行った。NRCの専門家たちは東電が本店2階に設置した対策本部「戦闘司令室」に通されるず、別の階の会議質に案内され、2段階下級な東電の社員に紹介された。「東電は何の準備もしていないおようだった。まさにカオス状態だった」(長嶋由久・民主党代議士)

  Mr. Fujisaki recalls the sticking point was that information wasn't coming quickly enough from the stricken plant. He said Japan appreciated the U.S. help and quickly worked to take advantage of it. On March 18, NRC experts in Tokyo finally got their first meeting with Tokyo Electric Power, or Tepco. But instead of being taken to the second floor "war room" Tepco had set up to deal with the nuclear crisis, they were ushered into a conference room on another floor and introduced to two low-level employees. "Tepco [had] seemed to make no preparation. It was just chaos," said Mr. Nagashima, the ruling-party lawmaker.

Posted by 大沼安史 at 01:33 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・メモ〕 WSJ紙 事故直後の緊迫した日米間のやりとりを再現 「事故が起きて数時間の間、彼ら(日本の当局者)は状況の重大性を分かっていないようだった」*「首相官邸からの情報が遅く、断片的にしか届かないので、ルース大使は防衛省や外務省、果ては財務省の内閣レベルの当局者に電話をかけまくった」*「情報が入って来ないので米海軍は海軍機に搭載した測定器を使って(データを集め)放射能雲の拡散シミュレーションを行った」*キャンベル次官は藤崎大使に「お国の存亡がかかっていることではないか」と告げた: