« 〔フクシマ・For the Record〕 石原慎太郎・都知事「日本は核、持たなきゃだめですよ。持たなきゃ一人前に扱われない」 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 猛烈な噴煙? 続く! »

2011-06-28

〔フクシマ・資料〕 「子供の人格権に対する妨害排除としての」20ミリシーベルト 郡山子ども被曝父母訴訟 提訴要旨 「子供と避難民を粗末にするような国には未来はない」

 ⇒ http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/110624PressRelease.pdf

 最も危険な内部被曝であるアルファ線とベータ線の線量を外部から測定するのは不可能である。また、成長期にあって細胞分裂が活発な子供は、大人よりもはるかに放射能に対する感受性が高い。そうだとすると、福島の子供たちについて、外部被曝だけでも年間1ミリシーベルトを超えるような環境に晒すことは断じてならない。

 過去に、原発で働いた労働者について、5.2ミリシーベルトの被曝によって労災認定がなされた事例がある。これは、年間20ミリシーベルトの環境下であれば、わずか3か月で到達する数値である。チェルノブイリ原発事故の際は、1平方メートルあたり55万5000ベクレルの放射能が検出された地域は一時移住地域とされたが、これは空間線量1.968マイクロシーベルトに相当するとされている。文科省の基準は、チェルノブイリ事故の一時移住地域の基準を大きく上回るのである。

 自主避難をしたくてもできない家庭も多い。避難するか否かを各家庭の判断に任せるべきではない。子供と避難民を粗末にするような国には未来はない。いま、行政は、速やかに学校ごと疎開するという決断をすべきである。

Posted by 大沼安史 at 09:43 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・資料〕 「子供の人格権に対する妨害排除としての」20ミリシーベルト 郡山子ども被曝父母訴訟 提訴要旨 「子供と避難民を粗末にするような国には未来はない」: