« 〔フクシマ・NEWS〕 原発事故調「骨抜き」の動き 経産省画策、首相が拒否 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 「初動ミスで余分な被曝」批判 小佐古氏 辞任直前に首相あて報告書を提出 「小児甲状腺がんの発症が予想される」 福島県と近県で「疫学調査が必須」 「被曝者手帳」の交付もとめる »

2011-06-11

〔フクシマ・ツイッター〕 官僚政治家マスメディアの壁に阻まれている肉声をネットでとの菅さんの作戦、秀抜。枝廣さんを除けば非専門家で自然エネルギー支持の発言をしている著名人を揃えた。このほうが自身発言しやすいと見たのでしょう。次回は専門家とのネット公開懇談会を。長年の主張、発送電分離までは政権維持を私は許す

 ドイツ文学者、池田香代子さん ⇒ http://twitter.com/#!/ikeda_kayoko

 首相有識者ネット中継懇談会、発表のタイミングも絶妙。今日の脱原発全国デモ、参加者は菅支持とは限らないどころか政権に不満を持つ人が大多数だと思うが「菅やめろ」とは言いにくくなる。それでいい。総理は私たちが「使い倒す」ためにいる。菅さんだってそれで本望でしょう。本物の政治家ならば

 大沼 同感です。

 種村先生も存命なら、横浜・野毛の叶屋か泰華楼あたりでいっぱいやりながら、愛弟子の池田さんの意見に同意なされているはず。

 菅直人よ、あなたは「送電線」を手に花道を歩き、国民へ、市民運動家へと戻るべきだ!
 せめて「送電線」だけでも手に戻って来い!
 戻って、池田香代子さんの花束を受けよ!

Posted by 大沼安史 at 09:11 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・ツイッター〕 官僚政治家マスメディアの壁に阻まれている肉声をネットでとの菅さんの作戦、秀抜。枝廣さんを除けば非専門家で自然エネルギー支持の発言をしている著名人を揃えた。このほうが自身発言しやすいと見たのでしょう。次回は専門家とのネット公開懇談会を。長年の主張、発送電分離までは政権維持を私は許す: