« 〔フクシマ・For the Record〕 IAEA報告書 「日本の原子力当局はIAEAの基準に沿って周辺住民を迅速に避難させなかったと指摘」 ウォールストリート・ジャーナル紙 | トップページ | 〔フクシマ・For the Record〕 M5.9 M3.7 M3.6 地震が続いている! »

2011-06-20

〔フクシマ・NEWS〕 武田邦彦教授 大分で「「原発大崩壊!第2のフクシマは日本中にある」講演会 (6・19)

 大分合同新聞 ⇒ http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_130854882543.html

 「この4年間で福島、柏崎など四つの原発が地震により壊れたが、いずれも震度6以下だった。たとえ原子炉は守れても、電気系統や冷却機能などの耐震性は高くない」
 「日本の原発はほとんど同じ設計だから、震度6が来たらやられる。技術的に考えれば、大分に近い伊方も含め原発はすぐ止めるべきだ」

 「われわれの選択は、クーラーをやめて子どもたちを被ばくさせないか、クーラーをつけて被ばくさせるか」

Posted by 大沼安史 at 08:24 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 武田邦彦教授 大分で「「原発大崩壊!第2のフクシマは日本中にある」講演会 (6・19):