« 〔フクシマ・ツイッター〕 六ヶ所村のげんきくん (非公式) | トップページ | 〔フクシマ・ツイッター〕 朝見たNHKの世論調査「原発減らすべきが47%で前回より増えて半数近くが減らすべき」とあったが、全廃すべきが18%なので「合わせて65%が脱原発を求めている」とするのが普通ではないか。「反対はまだ半数未満の印象を与えよう」という恣意がある報道ではないか。 »

2011-06-14

〔フクシマ・NEWS〕 日本のマスコミが「総シカト」したらしい 6・11 自然エネルギー 総理・有識者オープン懇談会(全編)

 ⇒ http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4972.html

 菅直人首相は「直筆ブログ」にこう書いている。⇒ http://kanfullblog.kantei.go.jp/

 自然エネルギーも省エネルギーも、皆が関わることで初めて前進できる《次の時代》のテーマです。そんな皆の参加を後押しできる“仕組み”を整備することが、政府という立場で「自分がすべき事」。その具体策として、固定価格買い取り制度を進めるための「再生可能エネルギー促進法」を、今国会に提出しています。ぜひ成立させて頂きたいと思います。

 また、

 そんな1人1人の思いを、(自省も込めて申しますが)政治やマスメディアが受け止めきれずにいる中で、インターネットというツールが、いよいよその力を発揮し始めているということも、昨日の会でハッキリと感じました。

 とも。

 大沼 そう、だから、「ネットでの発言」は――「ネット公約」は、軽くないのだ。

 発言の相手はマスコミュニケーション論のいう「不特定多数」ではない。発言の意味を探り、そこに真実の重みを見出す「人々」(マルチチュード)が相手である……。

 個人(特定)であり民衆(特定されない増殖性を備えた)でもあるという、社会=歴史創造の主体が、ネットの先で見守り、耳を澄ませている。

Posted by 大沼安史 at 10:16 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 日本のマスコミが「総シカト」したらしい 6・11 自然エネルギー 総理・有識者オープン懇談会(全編):

» 異常気象に係る記載を調べました。(その10:発生要因の整理に基づく世界のホットスポット) トラックバック 水徒然
                      11-06-07投稿、追加・更新、強調 既報にて、原発から常時排出している温熱排水の実態を世界各国の原発周辺で発生している異常気象の要因の一つとして調べました。また、おぼろげながら見えてきた発生メカニズムについ...... 続きを読む

受信: 2011/06/14 13:08:48