« 〔フクシマ・ツイッター〕 宮城県、仙台市は真剣に放射能対策に取り組むなら、民間団体を取り込むべきだ。子を守るために蓄積してきた親たちの知識、精神を見くびってはいけない。何のしがらみもない者の強さを舐めてはいけない。決して常軌を逸した要求など、団体の中ですら通らない。現実的で優しい解決がそこから生まれる。 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 ミズーリ川 数日中に2メートル強もの水位上昇の恐れ 「フォート・キャリフーン」「クーパー」両原発 水没メルトダウンの懸念 »

2011-06-21

〔フクシマ・NEWS〕 訂正済み  「フォート・キャリフーン原発」 「破局的な冷却喪失 破局的メルトダウン」の危機 ロシア連邦原子力局(FAAE) IAEA情報を伝える オバマ政権 「完全な報道禁止」を命令

 パキスタン誌「ネーション」電子版が報じたところによると、ロシア連邦原子力局(FAAE)はIAEAから提供された情報をもとに、米ネブラスカ州の「フォート・キャリフーン原発」が6月7日、「使用済み燃料プール」のうちの一基で「破局的な冷却喪失(catastrophic loss of cooling)」事故を起こし、「破局的なメルトダウンの近づいている(the near catastrophic meltdown )」ことを明らかにした。

 訂正 「ネーション」は米国誌ではなく、パキスタン誌でした。お詫びして訂正します。

 FAAEはまた、同原発が「破局的なメルトダウンの近づいている」事態に関し、オバマ政権が「完全かつ完璧な報道禁止(a “total and complete” news blackout)」を命令したことも明らかにした。

 FAAEのロシア人科学者は、同原発を運転する電力会社のOPPDが、外部に影響をもたらすい「レベル4」の事態を否定していることについて、「真っ赤な嘘である」と批判している。

 FAAEの報告は、同原発からの「微量な放射性のガス」が検知されているという報道を確認し、オバマ政権が事故に蓋をし続けば、米国民から批判の吹き返しを受けることになる、と警告している。

 ⇒ http://nation.com.pk/pakistan-news-newspaper-daily-english-online/International/18-Jun-2011/US-orders-news-blackout-over-crippled-Nebraska-Nuclear-Plant-report

Posted by 大沼安史 at 08:27 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 訂正済み  「フォート・キャリフーン原発」 「破局的な冷却喪失 破局的メルトダウン」の危機 ロシア連邦原子力局(FAAE) IAEA情報を伝える オバマ政権 「完全な報道禁止」を命令:

» フォート・キャリフーン原発 トラックバック よしんどブログ
大沼安史さんのブログから引用。 「フォート・キャリフーン原発」 「破局的な冷却喪失 破局的メルトダウン」の危機 ロシア連邦原子力局(FAAE) IAEA情報を伝える オバマ政権 「完全な報道禁止」を命令  パキスタン誌「ネーション」電子版が報じたところに... 続きを読む

受信: 2011/06/22 18:48:03