« 〔フクシマ・ツイッター〕 ニューヨークの友人から。アメリカのジャーナリストが不思議がっていた、と。「なぜ日本の新聞は、独自で放射能の数値を測って、紙面に公表しないのか?政府や東電が嘘をついた、と後で言うくらいなら、なぜそれぞれが独自に自分たちが調べないのか。何のための報道機関なのか」と。本当にそうです。 | トップページ | 〔フクシマNEWS〕 ウェートマン調査団長 IAEAとして「海水注入開始のタイミング問題」に触れず »

2011-06-22

〔フクシマNEWS〕 「依然として時限爆弾」 ミチオ・カク教授 CNNで明言

 ⇒ http://inthearena.blogs.cnn.com/2011/06/21/fukushima-still-a-ticking-time-bomb/

 世界的に有名な日系理論物理学者のミチオ・カク教授は21日、CNNの番組に出演、「フクシマは依然として時限爆弾が時を刻んでいる状態。崖に爪の先でぶらさがっているようなものだ。来年まで冷温停止できず、強い余震が来たら、再び、イチから繰り返される」と明言した。

 「この2週間で以前言っていたことが完全にひっくり返った。彼らに嘘をつかれていたのだ……」

Posted by 大沼安史 at 11:13 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマNEWS〕 「依然として時限爆弾」 ミチオ・カク教授 CNNで明言: