« 〔フクシマ・NEWS〕 大飯原発から半径10キロ圏内で人口の半数が生活する福井県小浜市の市議会が「脱原発」の意見書を可決 | トップページ | 〔フクシマ・ツイッター〕 グリーンピースによる衝撃的報告。福島市で、45.1μSV毎時という極めて高い放射能が検出されたという。年換算で400ミリSV(45.1×24×365)であり、国が設定した限度値20ミリSVの20倍となる。 »

2011-06-12

〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズ 「6・11反原発デモ」報道 記事全文(仮訳)

 ⇒ http://www.nytimes.com/2011/06/12/world/asia/12japan.html?_r=1&ref=asia&pagewanted=print

 以下は、ヒロコ・タブチ記者による、「抗議者たち、日本の原子力利用に挑戦(Protests Challenge Japan’s Use of Nuclear Power)」の全文(仮訳)。

  抗議者たち、日本の原子力利用に挑戦

 ドラムを叩く人。花をかざす人。抗議する人たちだ。東京をはじめ日本の主要都市で11日、「原子力の利用」に反対するデモが行われた。破局的な津波が原発危機を引きこして3ヵ月――。

 日本政府の福島原発事故の取り扱いに対して、ここ数週間、怒りが噴き出していた。原発の損傷具合や放射性物質の放出量が、前に考えられていたより、はるかにひどいと明らかになったからだ。母親たちは子どもたちの健康を心配している。農家や漁家はなりわいを破壊されてしまったから、菅直人首相の日本政府に対して、とりわけ批判的だ。

 原発災害は、破滅的な地震の歴史があるにもかかわらず、この国が原子力に大きく依存していることをめぐって議論を巻き起こし、原子力産業に対する一般民衆の根深い不信感を掻き立てた。菅氏は多分、ひたすら人気取りのために、原発を一ヵ所だけ、津波に対する防御ができるまで運転を停止するよう命じた。しかし、行き詰った国会運営をめぐる政治工作は人々の幻滅はますます強めている。

 「われわれは原子力に依存する危険を今や身にしみて知った。今こそ、変えるときだ」。この日のデモの組織者のひとり、ハジメ・マツモトさんは東京都心の広場で、集まった群衆に対し、こう呼びかけた。主催者によると、広場の群衆は約2万人に達した。

 マツモトさんはこうも叫んだ。「そうだよ、われわれは日本を変えることができるんだ」。轟きわたる同意の声。コブシが空に向かって突き上がる。

 東京や日本の多くの都市で一斉に行われた抗議行動――。サポーターたちは、この日のデモがすごいのは、参加者の数ではなく、服従や秩序に価値を置く、この日本という国で起きたことだと指摘する。

 「グリーンピース」のプログラム・ディレクターのジュンイチ・サトーさんは「日本人は少なくとも最近までは、あんまりプロテストしない人たちだった」と語った。それはサトーさん自身が、デモや集会を開くたびに思い知らされたことだった。「自分たちの声を聞いてもらおうと、いま、最初のステップを踏み出しているんだ」。実際、群衆の多くは生まれて初めてプロテストに立ち上がった人たちだった。

 「私はわが子のためにここに来たのです」と、3歳になるお嬢さんを連れて来たアキ・イシイさんは言った。「前の生活を取り戻したいだけです。水が安全で空気もきれいだった前の生活を」。アキさんのお嬢さんが手にしたプラカードに、こう書かれていた。「お願い、もう一度、外で遊ばせて」

 米を野菜づくりをしているヒロマサ・フジモトさんも、この日が初めてのプロテストだった。「私はみささんにこう言いたい。私は土のことが、水のことが、ほんとうに心配です。私はガイガーカウンターを片手に農作業をしているのです」

 そしてフジモトさんは、こう付け加えた。「これは正気の沙汰じゃないですよ」

 デモはいつものように整然と始まった。デモの組織者は、「みなさん、マナーを大切にしましょう」と呼びかけた。きれいに列を組んで歩き出した抗議者たちだが、デモ隊の群れは歩くにつれ怒りを募らせて行った。

 都心の数ヵ所でのデモ行進のあと、人々は広場に集まり集会を開いた。警官ともみあう場面もみられた。警察の当局者は自分の名前を名乗らず、息を切らしながら、この連中、広場での集会許可をとっていないんだ、と説明した。

 「ただちに解散しなさい」と警察の当局者が拡声器で叫ぶ。
 「うるせえ。お前らこそ消えろ」と叫び返す若い男性プロテスター。

 午後9時ごろになって警官隊が排除に乗り出した。小競り合いになったものの、乱闘になることはなかった。

 デモを組織したマツモトさんは興奮気味に語った。「これほどの人が参加するとは、予想もしなかった。日本に何か新しいことが起きようとしている。そんな気がします」

 しかし、通行人の何人かは覚めた表情で通り過ぎて行く。

 ボーイフレンドと買い物に来ていた21歳のアイリ・イシイさんは集会を眺めながら「何ができるっていうの? たしかに、楽しい。けど、これで何かが変るっていうの。甘すぎない」と語った。

Posted by 大沼安史 at 11:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズ 「6・11反原発デモ」報道 記事全文(仮訳):

» ドイツ製ガイガーカウンター トラックバック ドイツ製ガイガーカウンター
ドイツ製ガイガーカウンター ガンマ線、アルファ線、ベータ線の測定可能 アラート機能付 続きを読む

受信: 2011/06/12 14:00:04