« 〔新刊・発売中〕 世界が見た福島原発災害――海外メディアが報じる真実―― | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 「日本でも市民は独立した放射線測定機関を持ち、身を守らなければならない」 CRIIRAD測定室長 ブルーノ・シャレイロン・クリラッド氏 記者会見(6月1日、日本記者クラブ) »

2011-06-03

〔フクシマ・For the Record〕 原口一博氏(衆院議員) 「平成15年の自民党政権の時代に、ECCS(非常用炉心冷却装置)の中の冷却系の蒸発システムが取り外されていたんです」

  ⇒ http://news.livedoor.com/article/detail/5605632/

 原口氏:なぜ、そんなことをしたんでしょうか。「ベントするから大丈夫」というんです。

 大沼 その「ベント」が「フクシマ」では手動でも作動しなかった!

   参考: 「ベント」のバルブ 制御室からのコマンド効かず 「手動」でのバルブ開放 1号機:放射線高すぎて断念 2号機:開放したはずなのに圧力下がらず 3号機:7回試みたが開かず ニューヨーク・タイムズが報道 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/05/post-6c3d.html

 「冷却系の蒸発システム」が取り外されたのは、GM社製の新型「ベント」システムの取り付け(旧型との交換)に関係があるのかも知れない。

 この「新型」が今回の事故では「手動」でも作動しなかったわけである。

 

Posted by 大沼安史 at 09:23 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・For the Record〕 原口一博氏(衆院議員) 「平成15年の自民党政権の時代に、ECCS(非常用炉心冷却装置)の中の冷却系の蒸発システムが取り外されていたんです」: