« 〔ロスアラモス・NEWS〕 兵器級のプルトニウム・濃縮ウラニウムなど核兵器用放射性物質 5年前にネバダ砂漠へ移管 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 東電株主総会 「脱原発」提案に南相馬市、白河市が賛成 »

2011-06-28

〔フクシマ・For the Record〕 中曽根康弘元首相 自然エネルギー派に転向 「太陽エネルギーに転換していく段階。日本を太陽国家にしていきたい」

 ⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110627-00000306-alterna-soci

 6月26日、神奈川県などが横浜市で開いた「太陽経済かながわ会議」にビデオメッセージで登場。
 黒岩祐治神奈川県知事のインタビューに答える形でスクリーンに大写しされた中曽根氏は次のように語った。

 「人間の発展は、自然の中のエネルギーをいかに手に入れて文化とするかであり、それが人間と自然の関係です。原子力という巨大なエネルギーも人間のために有効利用するというのが知恵で、自然との闘いを部分的に克服してきました。しかし、原子力には人類に害を及ぼす一面もあって、それを抑えるのが人間の文化と歴史です。今回の事故もその中で捉えたらいいかと思います」

 「太陽の恵みをエネルギーとして活用したいという努力はある程度成功したが、エネルギー量としてはこれからの課題」

 「これからは太陽エネルギーに転換していく段階でしょう。これをさらに上手に使うというのが文明であり進歩。これからは日本を太陽国家にしていきたい」

 大沼 「日本を太陽国家に!」――中曽根氏に賛成する。 「緑の日の丸」を掲げる時が来た!

  原発推進の旗を先頭に立って来た中曽根氏のこの変身の意味は大きい。この「太陽エネルギー国家」発言を引き出した黒岩祐治さんは、県知事として、ジャーナリストとして、とてもいい仕事をしてくれた。感謝と称賛の拍手をおくりたい。

 私は黒岩さんの放送記者時代(フジ)を知っている。彼は日テレにいたあの「御曹司」(国鉄本社の記者クラブ(ときわクラブ)の隣の放送クラブで、ソファーに寝そべっていたのを思い出す)と違って、取材して歩き回るジャーナリストだった。「救急救命士」は、彼のたった一人の報道キャンペーンの中から生まれた!

Posted by 大沼安史 at 11:36 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・For the Record〕 中曽根康弘元首相 自然エネルギー派に転向 「太陽エネルギーに転換していく段階。日本を太陽国家にしていきたい」: