« 〔フクシマ・NEWS〕 米ネブラスカ州の「フォート・キャルフーン原発」 ミズーリ川の洪水で水没の危機 火災も発生 「使用済み核燃料プール」一時的に冷却停止 地元テレビ局 格納容器内を意図的に水没と報道 | トップページ | 〔フクシマ・ツイッター〕 現場の声 1ヶ月で循環冷却するって?どうして出来るのって思う »

2011-06-18

〔フクシマ・For the Record〕 NRC ヤツコ委員長 連邦議会証言 「ゆっくりと安定」し「現時点で新たな懸念はない」が「(東電の)測定機器の信頼性に疑い」 「80キロ避難圏」は撤回せず

 米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長は16日、連邦議会上院環境・公共事業委員会の公聴会で証言し、「ダイイチ」について、

 現時点で東電と日本政府はなお、事故の抑えこみに懸命になっている。原発の状態はゆっくりと安定しており、炉にも、使用済み核燃料プールにも現時点では新たな懸念をつくりだすような変化は見られない

 At the current time, TEPCO and the Japanese government are still in the active accident mitigation phase of their activities at the Fukushima Daiichi site. Plant conditions are slowly stabilizing and the reactors and spent fuel pools do not appear to be changing in a way that creates additional concern at this time.

 ――と語った。

 ヤツコ委員長はさらに、

 最近、より注目し注意深く見守るべき、いくつかの構造的な状態が特定された。4号機の使用済み燃料プールもそのひとつで、耐震力の補強が行われている

 Some structural conditions have recently been identified that are receiving increased focus and attention, such as the Unit 4 spent fuel pool, which is being shored-up to strengthen its resistance to earthquakes.

 ――と述べた。

 委員長はさらに、NRCの(現地)スタッフの原発の状態に対する理解は、事故によってひどく損傷した(測定)機器の有効性と疑問のある信頼性によって、挑戦に曝されてきている

 The NRC staff’s understanding of the plant conditions has been challenged by the availability and questionable reliability of plant instrumentation, which was badly damaged during the accident.

 ――と述べた。

  ヤツコ委員長は、米国内原発に設定されている10マイル(16キロ)の避難圏と比べ、5倍も広い、「フクシマ」の50マイル(80キロ)避難圏について、

 われわれは50マイル勧告を引き続き検証、再評価している
 We are continuing to review and re-evaluate the 50-mile recommendation.

 ――と述べるに止め、あらためて「50マイル=80キロ避難圏」を維持する考えを示した。

 ⇒ http://www.nrc.gov/reading-rm/doc-collections/congress-docs/congress-testimony/2011/ML11166A256.pdf 

 大沼・注 ヤツコ委員長のNRCが「フクシマ」に「50マイル避難圏」を設けたことで、米国内の反原発派は勢いづき、10マイル避難圏の拡大を求める事態になっている。これに対して、米国の原発業界など推進派は危機感を抱き、ヤツコNRCの追い落としに躍起となっている。

  ★ 放射能雲 拡散予報  (ドイツ気象局 日本時間は9時間プラス)⇒ http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_kon1.png

Posted by 大沼安史 at 08:56 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・For the Record〕 NRC ヤツコ委員長 連邦議会証言 「ゆっくりと安定」し「現時点で新たな懸念はない」が「(東電の)測定機器の信頼性に疑い」 「80キロ避難圏」は撤回せず: