« 〔フクシマ For the Record〕 文科省・資源エネルギー庁 小学生のためのエネルギー副読本「わくわく原子力ランド」(新学習指導要領対応) 「日本の原発は安全確保の対策がなされていることからチェルノブイリと同じような事故が起こることはほとんど考えにくいですが、この事故の後、安全を守るための対策が図られています」 | トップページ | 〔フクシマ・レクチャー〕 小出裕章さん 被曝と人間 »

2011-05-13

〔フクシマ・メモ〕 文科省20ミリシーベルト小話

 ⇒ http://blog.livedoor.jp/geodoctorkk/

(前略)
八ちゃん:そんな教授先生がどんな酷いことをいうてんや

熊さん:それがな、この20ミリの話がでる前の4月頃までは、
福島のいろんな市民向けの講演会で、100ミリシーベルト以下なら
安全やというて、子供が外で遊んだり、どんな野菜や水をのんでもちっとも
心配あらへんといってたんや。それでその先生の話を信じてしもうた
お母さん方もたくさんいたらしいんや。

八ちゃん:ほんまか。それは詐欺で、犯罪とちがうんか。今、文科省が
20ミリシーベルト以下やいうてるんと違うんか。

熊さん:そうや。ところが、この話がでだしたら、急にその通りと前言を
ひるがえすんや。ほいで、市民がそれがおかしいと質問したら、
国がいうから、それにあわせたんやと。
八ちゃん:なんやそれ。いったい何を根拠に100ミリやていったんやろうか。
(後略)

Posted by 大沼安史 at 08:37 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・メモ〕 文科省20ミリシーベルト小話: