« 〔重要★フクシマ・NEWS〕 3・11 女川原発 津波で「重油タンクが倒壊」   | トップページ | 〔★フクシマ・NEWS〕 土壌汚染、県内 600平方キロに チェルノブイリ居住禁止区域と同レベル »

2011-05-31

〔重要★フクシマ・資料〕 フランスIRSN(放射線防護・原子力安全研究所()報告:福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価(日本語訳)

 グリーン・アクション ⇒ http://www.greenaction-japan.org/modules/wordpress/index.php?p=504
 
 フランス語原文 ⇒ http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Documents/IRSN_Rapport_Evaluation_Dosimetrique_Fukushima_16052011.pdf

 仮に日本政府がこれよりも防護的な基準レベル(たとえば最初の1年間の最大被曝線量10mSv)の採用を決定した場合、対象住民(約7万人)が回避できる外部被曝線量は、避難実施の遅れが短いほど大きくなる。たとえば事故から1年後に避難した場合、これらの住民が回避できると予測される外部被曝線量は59%なのに対して、事故から3ヵ月後の避難では82%を回避することができる。(仮訳・真下俊樹氏)

 Si les autorités japonaises décidaient de prendre un niveau de référence encore plus protecteur, par exemple celui de 10 mSv au cours de la première année, les doses externes évitées pour les populations concernées (70 000 personnes environ) seraient d’autant plus importantes que les délais d’exécution de l’évacuation seraient plus courts.   Ainsi, une évacuation un an après l’accident conduirait à éviter 59% de la dose externe projetée pour cette population ; une évacuation 3 mois après l’accident permettrait d’en éviter 82%.
 
 大沼 「予測外部被曝線量評価」であって内部被曝は含まれていない。内部被曝がこれに「加算」される……。

 せめて、こどもたちだけでも疎開させるべきだ。

Posted by 大沼安史 at 10:15 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔重要★フクシマ・資料〕 フランスIRSN(放射線防護・原子力安全研究所()報告:福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価(日本語訳):