« 〔フクシマ・メモ〕 自衛隊 軍隊から災害救助復興隊に変身 地球のECOを守る「環境自衛隊」への道を歩め! | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 東電の武藤副社長と「ダイイチ」の吉田所長 「ベント」開始をめぐって「怒鳴り合い」 吉田所長 即時ベント開始 求める ニューヨーク・タイムズが報道 »

2011-05-18

〔フクシマ・NEWS〕 「ベント」システム コマンド通り動かず GE社製 機械的・設計上の欠陥の可能性も

 ニューヨーク・タイムズに、事故直後の決定的な数時間において「ベント」システムが作動しなかった問題を追究する記事が掲載された。⇒ http://www.nytimes.com/2011/05/18/world/asia/18japan.html?pagewanted=2&hp

 それによると:

 米国の当局者たちは「ベント」を、破局的な「水素爆発」を防ぐものと考えていた。

 「フクシマ」の場合、旧式の「ベント」システムだったから、あんな「水素爆発」を起こしてしまったのだ、というのが、これまでの米当局者たちの主張だったが、東電は数年前、現在、米国の原発にとりつけられているのと同じ「ベント」に換えていたことが分かり、米当局者の主張は崩れた。

 「フクシマ」の「ベント」に関する、米当局者のもうひとつの主張は、「ベント」開始時間の「数時間」の遅れが水素爆発を引き起こした――だったが、東電の公表資料、および専門家に対するインタビューで分かったことは、「ベント」システムそのもの機械的な欠陥及び設計上の欠陥もまた、「ベント」開始を遅れさせたものであることが判明した。

 事故後の決定的な数時間において、「フクシマ」の「ベント」システムは、原発運転員の「指示(コマンド)」に応えて動くことがなかった。それに気付いた運転員(が機転をきかしたことで――大沼の挿入)によってようやく作動した。

 「フクシマ」の「ベント」システムはGE社製のものだが、運転のコマンド通り作動しなかったひとつの理由は、独自の電源を持っていなかったことによる(他と共通の、地下室に置かれて、ツナミに対して脆さのある非常用ディーゼル発電機に依拠)。

 一方、東電の当局者によれば、地震によってすでに「ベント」システムのバルブが破損していた可能性があるという。
 東電の運転員は手動でバルブを開けようとしたが、その作業を阻ばんだのも、このバルブの損傷によるものかも知れない。

 いずれにせよ、日米当局はこのGE社製の「ベント」システムについて、抜本的な修理を行うべきか決定しなければならない。 

 「憂慮する科学者たち」のデイビッド・ロクバウム代表は、「日本は私たちに教訓を教えてくれた。ベントを必要とした時にベントすることができないなら、直すしかない」と語った。

 大沼――「フクシマ」の「ベント」作業が「着手」されてもなかなか「開始」されなかった理由がこれで分かった。

 記事原文は、以下の通り。

American officials had said early on that reactors in the United States would be safe from such disasters because they were equipped with new, stronger venting systems. But Tokyo Electric Power Company, which runs the plant, now says that Fukushima Daiichi had installed the same vents years ago.

Government officials have also suggested that one of the primary causes of the explosions was a several-hour delay in a decision to use the vents, as Tokyo Electric managers agonized over whether to resort to emergency measures that would allow a substantial amount of radioactive materials to escape into the air.

But the release this week of company documents and interviews with experts provides the most comprehensive evidence yet that mechanical failures and design flaws in the venting system also contributed to delays. The documents paint a picture of increasing desperation at the plant in the early hours of the disaster, as workers who had finally gotten the go-ahead to vent realized that the system would not respond to their commands.

While venting would have allowed some radioactive materials to escape, analysts say that those releases would have been far smaller than those that followed the explosions at three of the plant’s reactors, which blew open containment buildings meant to serve as a first line of defense against catastrophe. The blasts may also have been responsible for breaches in containment vessels that have complicated efforts to cool the fuel rods and contain radioactive leaks from the site.

One reason the venting system at the plant, which was built by General Electric, did not work is that it relied on the same sources of electricity as the rest of the plant: backup generators that were in basements at the plant and vulnerable to tsunamis. But the earthquake may also have damaged the valves that are part of the venting system, preventing them from working even when operators tried to manually open them, Tokyo Electric officials said.

In either case, regulators in the United States and Japan will now need to determine if such systems at similar plants designed by G.E. need to undergo expensive and time-consuming retrofitting or redesign to allow them to function even in severe accidents.

“Japan is going to teach us lessons,” said David Lochbaum at the Union of Concerned Scientists. “If we’re in a situation where we can’t vent where we need to, we need to fix that.”

Posted by 大沼安史 at 11:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 「ベント」システム コマンド通り動かず GE社製 機械的・設計上の欠陥の可能性も: