« 〔フクシマ・For the Record〕 文科省「放射能を正しく理解するために 教育現場の皆様へ」 | トップページ | 〔フクシマ・For the Record〕 3月12日の保安院会見 中村幸一郎・審議官 「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」 »

2011-05-16

〔フクシマ・資料〕 NHK『 現代史スクープドキュメント 原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~ 』書き起こし 平和哲学センター(5月14日付)

 ⇒ http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/05/nhk.html

 元内務省警察官僚、読売社主、正力松太郎の懐刀といわれた元読売記者 柴田秀利(戦後最大の労働争議のひとつと言われた、読売争議の中で頭角を現した。GHQの担当記者だった柴田は、GHQ幹部を動かして組合側の要求を抑え、経営側を勝利に導いた。日テレの創設に参加)の手記より

 読売は、2ページを割いて、この(1955年5月13日、東京・日比谷公会堂、「原子力平和利用大講演会」)講演内容の全貌を掲載したし、(日本)テレビは娯楽番組をはずしてその全容を生中継し、国民大衆の啓蒙することができた。こうして、原爆に脅え、憎み、反対ののろしばかりを上げ続けてきた日本に、はじめて「毒は毒をもって制する」、平和利用への目を開かせるかけ声が、全国にこだましたのだった。舞台裏に身を潜めながら、私は喜びと感動に打ち震えていた。

Posted by 大沼安史 at 09:26 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・資料〕 NHK『 現代史スクープドキュメント 原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~ 』書き起こし 平和哲学センター(5月14日付):