« 〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズ 「直下・至近・活断層型の日本の原発」問題を提起!「日本の当局者、危険を無視あるいは隠蔽(Japanese Officials Ignored or Concealed Dangers)」 | トップページ | 〔フクシマ・ノート〕 ニューヨーク・タイムズ 「ハマオカ」の長野栄一さん(90歳)と白鳥良香さん(78歳)を紹介 運転停止の原発を見渡す砂丘は道徳の高み  »

2011-05-17

〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズ 「島根原発」 芦原康江さんの闘いを紹介 

 ニューヨーク・タイムズの前記記事は、島根原発に対する反対運動のリーダー、芦原康江さんを紹介している。⇒ http://www.nytimes.com/2011/05/17/world/asia/17japan.html?pagewanted=3&_r=1&partner=rss&emc=rss

 松江市在住。「原発なんかいらんわぁ松江市民の会」を1980年に立ち上げて以来、反原発運動に取り組む。94年、中国地方5県の市民グループ20団体で「島根原発増設反対運動」を結成。事務局長に就き、2000年から代表を務める。 
 ⇒ http://nosikagenpatsu.web.fc2.com/inoti_207.html

 島根原発をめぐる裁判でも活断層問題が焦点だ。

 未発見の活断層が発見され、その「長さ」は延びる一方(想定される地震規模は大きくなる一方)……

 タイムズ紙の記事の一部を紹介すると、

 「私たちは、長くなる一方の活断層だなって冗談言っています。これはつまり、実は中国電力がどれだけ強い地震が来るか分かっていないということです」
“We jokingly refer to it as the ever-growing fault line,” said Ms. Ashihara, 58, who works as a caregiver for the elderly. “But what it really means is that Chugoku Electric does not know how strong an earthquake could strike here.”

 島根原発を止めろ! 出雲の土地と海と人を守れ!

Posted by 大沼安史 at 09:56 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズ 「島根原発」 芦原康江さんの闘いを紹介 :