« 〔フクシマ・怒り・ツイッター〕 「1号機のベント開放が遅れたのが命運を分けた」。「私たち自身も含め、安全に対して真剣でなかった。本気でなかった」内藤正則エネ庁部長の寸評。福島の皆さんの前で言うべし。地上波でのワンウェイ垂れ流しで免罪は狡い。 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 英紙インディペンデント 「ロボット的な受け答え」の清水・東電社長を痛烈批判 »

2011-05-21

〔フクシマ・ノート〕 ドイツの森の村人たちが灯す希望の光 脱原発・シェーナウ発電協同組合(EWS)の話

 1986年の4月、チェルノブイリ原発の爆発事故を知って、「黒い森」に抱かれたドイツ西部の村、シャーナウにすむ主婦のウルズラ・スラデクさんは途方に暮れた。
 ウルズラさんは、5人の子の母。子どもたちに外で遊ばないよう注意したが、言うことを聞かない。当時、ウルズラさんは、スキー事故で足を骨折したばかりで、家の中に連れ戻すこともできない。チェルノブイリから「放射性の雲」が飛んで来るというのに。

  ☆

 やがてシャーナウ村の人々は、子どもの遊び場や家庭菜園、農場で、放射性物質の痕跡が見つかったことを知る。

 地元で育った野菜を食べることも、外で遊ぶことも、チェルノブイリの事故を境に、突然、「フツーの安全」なことではなくなった。

 ウルズラさんが村人の有志たちと、「脱原発」を決心したのは、その時だった。
 シェーナウ村に「脱原発文化のための親の会(Eltern für atomfreie Zukunft)」が生まれた。

  ☆

 人口4500人の村で、「脱原発」のために何ができるか?
 ウルズラさんたちが考えついたのは、自然エネルギーを使って自分たちで発電し、自分たちで送・配電することだった。

 2回にわたる村民投票で、電力会社に対し送電網の譲渡を迫る決議を採択。募金活動で600万マルクの買収資金を集め、ウルスラさんたちは送電網を買い取ることに成功した。
 1997年のこと。運動が始まって11年が経っていた。ウルズラさんたちは、協同組合方式で「シェーナウ発電所(EWS=Elektrizitätswerke Schönau)」を立ち上げ、自前の発電・送電に乗り出した。

  ☆

 ふつうの村人たちが学びあい、連帯しあって、「原子力ロビー」の圧力に抗し、ついに手にした勝利!
 ドイツのメディアは、ウルズラさんたちのことを「シャーナウの電流反逆者たち(Die Schönauer Stromrebellen)」と呼んで敬意を表した。
 あるいはゴリアテを倒したダビデだと言って。

  ☆

 太陽光、コジェネ、バイオマス、水力の発電ユニットで発電を開始したEWSに、間もなく追い風が吹いた。
 1999年、ドイツ連邦政府は電力市場を自由化し、ドイツ国内の誰もが、シェーナウ村のクリーンな電気を購入できる仕組みが生まれたのだ。

 EWSの顧客数は現在10万世帯・事業所。この中には、世界的に有名なチョコレート菓子、「リッター・スポーツ・キャンディー」を製造するチョコレート工場も含まれている。

 ウルズラさんが今なお代表を務めるEWSの出資組合員は、およそ1000人。配当もしているが、利益の大半は設備投資に投入されている。ウルズラさんたちはセミナーを開催して啓蒙活動にも努めており、シェーナウ村の経験を引き継いでコミュニティー発電を開始するところも生まれている。

  ☆

 そんなウルズラさんに4月11日、「環境保護のノーベル賞」といわれる、「2011年ゴールドマン賞」が贈られた。

 ウルズラさんの授賞を、遅ればせながら、きょう(5月21日付)の英紙ガーディアンで知った私は、早速、「ゴールドマン賞」のサイトを覗き、ウルズラさんの受賞スピーチ・ビデオに耳を傾けた。

 サンフランシスコでの授賞式で、ウルズラさんはやはり、「フクシマ」の被災者への連帯の言葉を語っていた。

 「私は原発の事故で自分の土地を失った全ての日本の人々に深甚なるお見舞いの言葉を申し上げます」

  ☆ 

 ウルズラさんはまた、こうも警告していた。「数年、数十年経って、人々が原発による症状に直面した時、フクシマの出来事の本当の意味は明らかになるでしょう」

 「チェルノブイリ」から生まれた自分たちの運動が、25年後の今、「フクシマ」という悲劇の最中にあるという事実は、彼女に複雑な思いを抱かせるものに違いない。

  ☆

 ウルズラさんはガーディアン紙に、「私たちは私たちの力で変えることができる。これを理解することが重要なことです」と語っていたが、これは「フクシマ」を引き起こしてしまった私たち日本人にとって、励ましでもあり批判でもある深い意味を持つ言葉だ。

 私はもうしも叶うことなら、飯舘村や葛尾村が「日本のシェーナウ」として、自然エネルギーでもって再生してほしいと切に思う。

 日本政府と東電は罪滅ぼしに、「シャーナウ」方式での、脱原発コミュニティー発電を育てるべきである。

  ###

 EWS 公式サイト ⇒ http://www.ews-schoenau.de/ews/geschichte.html

 「2011ゴールドマン賞」サイト ⇒ http://www.goldmanprize.org/2011/europe
 (ビデオ2本つき)

 英紙ガーディアンの記事 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=r0wjkBd6mzc&feature=related

 ウルズラさん、受賞スピーチ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=r0wjkBd6mzc&feature=related 

Posted by 大沼安史 at 11:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・ノート〕 ドイツの森の村人たちが灯す希望の光 脱原発・シェーナウ発電協同組合(EWS)の話: