« 〔フクシマNEWS〕 住民15万人を「30年以上も検査する」だって?! | トップページ | 〔フクシマ・レクチャー〕 小出裕章さん 「名前のない新聞」のインタビューに答えて、重大な危機に直面している現状を解説 »

2011-05-12

〔フクシマNEWS〕 「放射線量は怖かったが、帰宅して牛たちを見た時、私たちは心の安らぎを取り戻しました」 英紙ガーディアン記者 浪江町の酪農家をルポ

 ガーディアン紙の環境問題の専門家、ジョナサン・ワッツ記者が「立入禁止区域」のすぐそばにある、浪江町の酪農家、サンペイさん宅を訪ね、記事を書いた。

 「ケイコ」さんが取材に応じた。

 帰宅したのは地震一週間後。4月になるまで、その一帯が「ホットスポット」であることを、日本政府から何も知らされなかったそうだ。

 「ケイコ」さんは言った。

 「放射線量は怖かったが、帰宅して牛たちを見た時、私たちは心の安らぎを取り戻したのです」 

  "We came back after a week. Even though the radiation was frightening, when we saw the cows again we had peace of mind."

 そう語るケイコさんの手を、牛は舐めていた、とワッツ記者は書いた。

 搾乳した牛乳は捨てるしかない。
 線量計の警報とともに生きる毎日。
 放射能汚染がひどいので、牧草を育てることもできない。
 避難するしかないのだ……。

 ワッツ記者は、牛たちを餓死させてしまった「サンボンマツ」さんにも取材した。
 「家族を亡くしたみたいだ」と言った。
 
 肉牛が浪江から運び出された。乳牛については、どうするかまだ決まっていない。

 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2011/may/11/fukushima-fallout-cattle-farmers-radiation 

Posted by 大沼安史 at 10:21 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマNEWS〕 「放射線量は怖かったが、帰宅して牛たちを見た時、私たちは心の安らぎを取り戻しました」 英紙ガーディアン記者 浪江町の酪農家をルポ: