« 〔フクシマ・NEWS〕 福島の空、灰色の空……安達太良が聳える吾妻連峰にも死の灰 「原生林を守る会」が高山の雪を採取・測定 3月15日 標高1300メートル付近で放射性セシウム 最大2969ベクレル | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 警告:東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報 »

2011-05-30

〔フクシマ・NEWS〕 チェルノブイリを超える!? 安全基準を超えた「内部被曝」(要精密検査) すでに4766人、「福島に立ち寄っただけ」 うち異常値を示した人1193人 隠された放射能汚染を暴く 

 現代ビジネス ⇒ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/6318?page=2

 「はなゆー」ツイッター情報 ⇒ http://twitter.com/#!/hanayuu

 みんなの党・柿沢未途代議士はこう語る。「全国の原発施設には、体内に取り込まれた放射性物質と、そこから出る放射線を測定する『ホールボディカウンター』が設置されています。実は福島第一で事故が始まった3月11日以降、計測の結果、要精密検査となる数値の1500cpmの内部被曝をしている人が続出しているのです。しかも発覚した4956件のうち、4766件は現場の復旧作業員でもなんでもなく、ただ『福島に立ち寄ったことがある』だけでした」

 柿沢氏の質問を受け、答弁に立った原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は、その事実をあっさりと認めた。しかも、実際には1500cpmどころか、「1万cpm以上」という異常な数値を示したケースが1193件もあったというのだ。

 「cpm」は〝カウント・パー・ミニット〟の略で、1分間に計測される放射線の数を意味している。日本科学振興財団副会長で、明治大学名誉教授の藤井石根氏は、この事実を前に絶句した。

 「4766人が福島に立ち寄っただけとは、正直、信じたくない事実です。しかも、1万cpmを超えた人が1193人とは・・・。普通なら、こんな数字が出るはずがない。残念ですが、福島はすでにチェルノブイリを超えているかもしれない」

 大沼 「立ち寄っただけで内部被曝」――これはヒロシマの、あの「入市被曝」と同じことではないか! 「入県被曝」が起きている!

Posted by 大沼安史 at 01:20 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 チェルノブイリを超える!? 安全基準を超えた「内部被曝」(要精密検査) すでに4766人、「福島に立ち寄っただけ」 うち異常値を示した人1193人 隠された放射能汚染を暴く :