« 〔フクシマ・For the Record〕 WHO特別会合で大塚耕平・厚労副大臣「事故による死者はゼロ」言明 放医研の明石真言氏 「癌のリスク 高まらない」 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 IAEA日本調査団の団長でもある英国の原子力安全査察官の「原発OK」中間報告に非難集中 「フクシマ」から何も学んでいない »

2011-05-19

〔フクシマ・For the Record〕 劇作家の平田オリザさん 18日 ソウルで言明 「汚染水の処理問題では韓国の方々にも大変な迷惑をかけた。流された水は非常に低濃度で、量も少ない。米国政府からの強い要請で(海に)流れた」

 毎日新聞 ⇒ http://mainichi.jp/select/today/news/20110519k0000m010138000c.html?inb=tw

 (この)発言について平田氏は「内閣官房参与であるが、この問題には全くかかわっておらず、事実関係を確認できる立場でもない」と語り、事実誤認であることを強調した。18日朝、東京からの電子メールで報道を知り、仙谷由人官房副長官に電話で「申し訳なかった」と謝罪したという。

 大沼: ブッシュ大統領の「水責め拷問」を批判して、CIAを離れた人たちがいた。拷問では「質の高い情報」をとることはできないと考える人たちだ。「真実」に迫るには、「拷問」ではなく、相手の「言葉」を分析するのが一番だと考える人たちだ。
 彼らは「TBA(戦術的行動評価)」という分析法で「真実」に迫るのだが、それをこの平田オリザ氏にあてはめると、どうなるか?

 ポイントは、平田氏が「米政府から……」の前段で、「流された水は非常に低濃度で、量も少ない」と言っていることだ。

 これは明らかに事実誤認である。ウソである。

 平田氏は内閣官房参与として、こう言わざると得なかった。その後ろめたさがあったのだろう。

 だから平田氏は、そのあと、「真実」を告げ、前段発言のウソからの離脱を図った。良心の平衡を図ったのだ。

 つまり、結論を言えば、「米国政府からの強い要請で(海に)流れた」は「真実」である。

 ここから、もうひとつの真実が浮かび上がる。

 「フクシマ」の事故対策の「主導権」は、汚染水の放流時点ですでにアメリカ側にあった、ということである。

 米政府が日本に派遣した原子力規制委(NRC)の「原子炉チーム」を中心とした専門家グループが事実上の「指揮権」を握っていたのである。

 もたもたとして決断できない日本政府・東電に「早くしろ。排水して注水しろ」と命令したのは、アメリカである。

    ☆ 

  「平和哲学センター」の乗松聡子さんによれば、東京新聞(4・8)はこう伝えている。

 日本側関係者によると、米エネルギー省の意を受けた同省関係者が日本人研究者とともに一日、官邸で政府高官と面会。「汚染水を海に放出し、早く原子炉を冷却できるようにしないといけない。放射性物質は海中に拡散するので問題ない。米政府は放出に抗議しない」とのメッセージを伝えたという。

Posted by 大沼安史 at 08:19 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・For the Record〕 劇作家の平田オリザさん 18日 ソウルで言明 「汚染水の処理問題では韓国の方々にも大変な迷惑をかけた。流された水は非常に低濃度で、量も少ない。米国政府からの強い要請で(海に)流れた」:

» 平田オリザ Twitter トラックバック サンキャッチャーは綺麗
内閣官房参与の平田オリザ氏が放射線汚染水の海洋放出は「アメリカからの要請」という発言を撤回 32 2011年5月19日、劇作家で内閣官房参与の平田オリザ氏が放射線汚染水の海洋放出は「アメリカからの要請」という発言を撤回。他の事実と混同したことであったとしている。同氏は所属事務所を通し、謝罪のコメントを発表した。 そもそも、平田氏は、5月17日に韓国ソウルの ... 平田オリザ氏、汚染水放出巡る発言を撤回し謝罪 2011ॲ... 続きを読む

受信: 2011/05/20 6:15:58