« 〔フクシマ・NEWS〕 「日本の腐った部分」「21通の内部告発」「信金は残った」 佐藤栄佐久・前知事 語る | トップページ | 〔フクシマ・資料〕 NHK『 現代史スクープドキュメント 原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~ 』書き起こし 平和哲学センター(5月14日付) »

2011-05-16

〔フクシマ・For the Record〕 文科省「放射能を正しく理解するために 教育現場の皆様へ」

 ⇒ http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/04/21/1305089_2.pdf

  放射性物質をいったん体内に取り込んでも、排泄時に体外に排出されたり、自然に放射能が弱まったりすることで、放射線の影響は弱まっていきます。

  3月17日以降、放射性物質の大量放出はありません。したがって、その時に放射性物質が体や服に付着していたとしても、すでに取れています。口などから体内に入っていた場合でも、体外に排出されています。

 不確かな情報や、人の噂などの風評に惑わされず、学校から正しい知識と情報をもらって、毎日、明るく、楽しく、仲良く、安心した生活を送ることが心身の病気を防ぐ一番よい方法です。

Posted by 大沼安史 at 08:55 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・For the Record〕 文科省「放射能を正しく理解するために 教育現場の皆様へ」: