« 〔フクシマ・NEWS〕 「とてつもなく困難な状況」 小出裕章さん | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 宮城県庁 モニタリングポスト 地上80メートルに設置 »

2011-05-28

〔フクシマ・For the Record〕 小沢一郎氏 「だから、日一日と悲劇に向かっている」

 ウォールストリート・ジャーナル 一問一答 ⇒ http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_242207

 ……ここまで来ると、東電に責任を転嫁しても意味がない。政府が先頭に立って、政府が対応の主体とならねばいかんというのが、私の議論だ。東電はもう、現実何もできないだろう。だから、日一日と悲劇に向かっている。

(小沢氏が指揮を執っていれば、最初の段階でメルトダウンが起きて危ないということは国民に大きな声で言っていたか――という質問に)言うだろう。隠していたらどうしようもない。それを前提にして、対応策を考えねばならない。当面は福島の人だが、福島だけではない、このままでは。汚染はどんどん広がるだろう。だから、不安・不満がどんどん高まってきている。もうそこには住めないのだから。ちょっと行って帰ってくる分には大丈夫だが。日本の領土はあの分減ってしまった。あれは黙っていたら、どんどん広がる。東京もアウトになる。ウラン燃料が膨大な量あるのだ。チェルノブイリどころではない。あれの何百倍ものウランがあるのだ。みんなノホホンとしているが、大変な事態なのだ。それは、政府が本当のことを言わないから、皆大丈夫だと思っているのだ。私はそう思っている。

 委員だの何だの学者が出てきて、ずっと今まで、大したことありません、健康には何も被害はありません、とかそんなことばかり言っていた。原子力で食っている人々だから、いくら言ったってだめなんだ。日本人もマスコミもそれが分からないのだ。日本のマスコミはどうしようもない。 

 私はもう老兵だから。老兵は消え去るのみ、とのマッカーサー元帥の言葉はご存知だろうか。消え去ろうと思っていたが、もう一仕事やらねばならないとは思っている。

Posted by 大沼安史 at 08:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・For the Record〕 小沢一郎氏 「だから、日一日と悲劇に向かっている」: