« 〔フクシマ・資料〕 欧州放射線リスク委員会(ECRR)2010年勧告 「低線量電離放射線被曝の健康影響 規制当局者のために」 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 GE 元エンジニアが証言 「フクシマ原子炉に欠陥」 »

2011-05-18

〔フクシマ・資料〕 ニューヨーク科学アカデミー 「チェルノブイリ惨事による民衆および環境への影響(Chernobyl Consequences of the Catastrophe for People and the Environment)

 2009年 ALEXEY V. YABLOKOV、VASSILY B. NESTERENKO、ALEXEY V. NESTERENKO著
 ⇒ http://www.infoark.org/InfoArk/Energy/Nuclear/Chernobyl,%20Consequences%20of%20the%20Catastrophe%20for%20People%20and%20the%20Environment%20-%20Yablokov_2009.pdf#page=310

 「序」の出だしはこうである。

 地球上に住む数百万の人々にとって、1986年4月26日、チェルノブイリ4号機で起きた爆発は、それぞれの人生を二つに分けるものとなった。チェルノブイリの前と、チェルノブイリの後、との二つに。

 For millions of people on this planet, the explosion of the fourth reactor of the Chernobyl nuclear power plant on April 26, 1986 divided life into two parts: before and after.

  「チェルノブイリの後」に「フクシマ」が起きた。起こした者どもがいた……!

Posted by 大沼安史 at 08:33 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・資料〕 ニューヨーク科学アカデミー 「チェルノブイリ惨事による民衆および環境への影響(Chernobyl Consequences of the Catastrophe for People and the Environment):