« 〔★原発NEWS〕 「3号機」の「MOX」 ウラニウム燃料より、より低温でより多量の放射性物質を放出」 | トップページ | 〔★原発NEWS〕 BBCビデオ 東電 「ツナミのせいだ」 »

2011-03-26

〔★★★原発NEWS〕 事故時放出の放射性ヨウ素、1・2・3号機の「5%」  現時点で最悪なことが起きても放射性ヨウ素放出は「チェルノブイリのほんの数倍」

 憂慮する核科学者たち(UCS)」の直近(24日午前11時から=日本時間25

日午前1時から)のブリーフィングで、ライマン博士は、オーストリア気象局が「フクシマ」から(最初3日間に……博士は最初の4日間と言っているが、時差のせいかも知れない)放出された放射性ヨウ素について「チェルノブイリの20%」としていることに関し、「1号機、2号機、3号機の放射性ヨウ素の約5%にあたる」との見方を示した。

 I would just like to make one observation, and that is the amount of iodine 131 that has been estimated by the Austrian Meteorological Agency as about 20 percent of the release that occurred at Chernobyl after the first four days of the accident, it's my estimate that that is consistent with the release of iodine from the gap that is between the fuel pellets and the cladding.  So, that is roughly about five percent of the total iodine inventory that I would estimate was at the Reactors 1, 2 and 3 at the time they were shut down.

 ライマン博士はさらに、

 ・ 日本の当局が圧力・格納容器の深刻な破砕を先延ばしすればするほど、(半減期30日の)ヨウ素131の崩壊は進む。

 ・ かりに今、大きな破れが起きたとしても、ほとんど2週間を経過しているので、ヨウ素131はすでに「2半減」し、炉内には事故時と比べ、約4分1があるだけだ。

 ―― と指摘。

 ……but I would like to point out that the longer the Japanese authorities are able to postpone any significant breach to the reactor vessel or the containment, the longer there is for the iodine 131 to continue to decay, and even if there's a significant breach that's just emerging at this point, it's already been almost two weeks, or actually it has been two weeks, almost, about 14 days since the accident occurred, and that would be almost two half lives of iodine 131, which would mean the inventory is down by about four from where it was.

 さらに、事故発生時の、「フクシマ」からのヨウ素131の放出が「チェルノブイリ」を何倍もする膨大なものであっても――そして今、3つの炉のヨウ素131が全て放出されたとしても、それは「チェルノブイリ」の「ほんの数倍」のものになるだろう、との見解を示した。

 So, even though the total amount of iodine 131 at the time of the initial accident was enormous, many, many times the amount that had been released at Chernobyl, at this point, even if all the iodine in all three reactors were released, I believe it would only be a few times what was released at Chernobyl.

 博士はこの見解について、「いいニュースかどうか分からない」としながらも、日本の当局による危機管理の遅れが、放射生物質の(大放出という)究極の事態においては、役立っているかもしれない、との皮肉な見方を示した。

 So, I don't know if that's good news, but certainly the delay of the ability of the authorities to manage this crisis may have really helped in ultimate radiological consequences. 

 大沼・注 あくまでの半減期の短い放射性ヨウ素に関する議論だ。

 「チェルノブイリ」の「ほんの数倍」?……「悪いニュース」に決まっている。

 ⇒ http://www.ucsusa.org/nuclear_power/nuclear_power_risk/safety/nuclear-crisis-japan-telepress-transcript-03-25-11.html

Posted by 大沼安史 at 11:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★原発NEWS〕 事故時放出の放射性ヨウ素、1・2・3号機の「5%」  現時点で最悪なことが起きても放射性ヨウ素放出は「チェルノブイリのほんの数倍」: