« 〔★★★★★ 原発NEWS〕  作業員が直面している危険 東電の説明以上の恐れ 米専門家が指摘 | トップページ | 〔★★★★★ 原発NEWS〕 残留塩分 燃料ペレットの熱移転 冷却水の流れを阻害する恐れ »

2011-03-25

〔★★★★★ 原発NEWS〕 「避難距離」見直すべき 「除染必要範囲12キロをかなり上回る」

 「憂慮する核科学者たち(UCS)」の直近(23日午前11時から=日本時間24日午前1時から)のブリーフィングで、ライマン博士はまた、記者との質疑の中で、日本政府の住民避難圏の設定について、「私は(距離の)ナンバーを考え直す必要がある」と言明。

 さらに、

 ・放射能の放出による被爆がこのまま続けば、人々被爆線量は数週間以内に――いや数日間以内にも、世界的な基準となっている「年に100ミリレム」の敷居を超える恐れがある。

 ・オーストラリア気象局、米エネルイギー省が(汚染)マップをつくったのはそのためだ。そこでは「1時間1ミリレム」の汚染圏は風下30~40マイル(48~64キロ)に達している。

 ――と指摘し、

 長期的に残留する放射性セシウムの問題を考え合わせると、「除染すべき圏域は12キロをかなり上回るものになっている」と述べた。

 MR. LYMAN:  Yeah, actually, I need to pull those numbers up.  They certainly show dose rates that would indicate that there was prolonged residence in those areas, if those dose rates don't increase -- don't decrease, that in a matter of weeks, people would exceed -- or actually days, people would exceed the threshold that's generally considered the international standard for the maximum amount of radiation in one year for members of the public from our official sources, which internationally is 100 millirem a year.

So, they have mapped -- actually, I need to look at that to tell you, but they've mapped doses of over one millirem an hour as far as 30 or 40 miles downwind.  And, so, that would indicate that those areas, at least, are not going to be fit for long-term habitation at those dose rates.  If it really is due to cesium 137, then those dose rates are not likely to decline significantly over time.  So, it looks like there are going to be areas considerably further than 12 kilometers that may require significant decontamination or condemnation.

 ⇒ http://www.ucsusa.org/nuclear_power/nuclear_power_risk/safety/nuclear-crisis-japan-telepress-transcript-03-24-11.html

 大沼・米国や豪州ではすでに汚染マップを作成している。日本は何をしているのだ。隠しているのか!

 東京の記者諸君、この点も追及してほしい!

Posted by 大沼安史 at 09:37 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★★★ 原発NEWS〕 「避難距離」見直すべき 「除染必要範囲12キロをかなり上回る」: