« 〔原発NEWS〕 WHO 食品放射能汚染 「予想以上に深刻」 | トップページ | 〔原発NEWS〕 使用済み燃料 3400トン 炉心燃料 877トン »

2011-03-21

〔原発NEWS〕 WHO西大西洋地域局 食品放射能汚染 「ハッキリ言って、深刻な状況だ」

 ロイター電によると、WHOの西太平洋地域局のスポークスマン、ピーター・コーディングレー氏は電話インタビューに対し、食品の放射能汚染は「ハッキリ言って、深刻な状況だ」「20~30キロ圏内に限定されると思っていた。誰もがかつて考えていた以上に、非常に深刻だ」と語った。
 

 "Quite clearly it's a serious situation," Peter Cordingley, Manila-based spokesman for WHO's regional office for the Western Pacific, told Reuters in a telephone interview on Monday.

"It's a lot more serious than anybody thought in the early days when we thought that this kind of problem can be limited to 20 to 30 kilometres," he said.

 ⇒ http://au.news.yahoo.com/thewest/a/-/world/9049782/who-sees-japan-food-safety-situation-as-serious/

 枝野よ、早速、抗議して訂正させたらどうか!

Posted by 大沼安史 at 08:23 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔原発NEWS〕 WHO西大西洋地域局 食品放射能汚染 「ハッキリ言って、深刻な状況だ」: