« 〔★原発NEWS〕 長引けば、「核燃料プール放棄」の恐れ  | トップページ | 〔★原発NEWS〕 UCSブリーフィング 注水でジルコニウム被覆 ひび割れの恐れ 核燃料破片 圧力容器のスティールを攻撃か »

2011-03-21

〔★原発NEWS〕 UCSブリーフィング 炉の燃料棒露出 「スリーマイル」越え 燃料棒が膨張

 「憂慮する核科学者たち(UCS)」がワシントンで開いた直近の会見で、エドウィン・ライマン博士がビリーフィングを行った。

 その中でライマン氏は、炉心の燃料棒のむき出しのままの事態(時間)が、「スリーマイル島」事故を越えて長期化している、と指摘。

 燃料棒が膨張していると思われる、との見解を示し、通常時よりも冷却が簡単ではなくなっていると語った。

 Now, that's a longer period of time for the situation than the core at Three Mile Island experienced, and the upper parts of the cores may have experienced significant damage. What may have happened is a swelling of the fuel rods that could cause a potential -- reduce the ability of coolant to actually get between those rods if the core is reflooded. So, the situation may not be -- these cores may not be as easily cooled as they would have been if they were undamaged.

 ⇒ http://www.ucsusa.org/nuclear_power/nuclear_power_risk/safety/nuclear-crisis-japan-telepress-transcript-03-20-11.html

Posted by 大沼安史 at 09:33 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★原発NEWS〕 UCSブリーフィング 炉の燃料棒露出 「スリーマイル」越え 燃料棒が膨張: