« 〔原発NEWS〕 「なんてきれいなところなんだ!」 「グリーンピース」の測定員 福島の美しい風景に驚嘆 | トップページ | 〔★原発NEWS〕 「安全神話 溶融 : 「平和の原子」連続殺人犯に 原子力にアリバイなし」 »

2011-03-27

〔★★★★★原発NEWS〕 IAEA WHO(世界保健機関)の原発安全対策を阻止

 米国「核を超えて」サイトは、ジュネーブの「世界保健機関(WHO)」前での抗議行動が204週目に入っている、と報じた。⇒ http://www.beyondnuclear.org/

 なぜ、WHOが私たちの「フクシマ」と関係しているか?

 それは、WTOが――英紙ガーディアンが2年前に報じていたように――「国際原子力機関(IAEA)」と、1959年5月28日に、世界の人々の健康を守る機関としてはあるまじき協定を結び、それが今なお効力を保っているからだ。⇒ http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/may/28/who-nuclear-power-chernobyl

 この協定により、こと原発に関し、IAEAはWHOの決めることに対し、なんと「拒否権」を手にしていた(今も手にしている)!

 IAEAが設立(1957年)されて2年後のこと。当時は「平和のための原子(アトムズ・フォー・ピース)」という美名の下、原子力の「平和」利用が始まったばかりのころ。

 こうしてIAEAはWHOという世界の健康の守り手の口に猿轡をはめることに成功したわけだ。

 こんなバカな協定は「フクシマ」の名において即時廃棄されねばらならない。

 ジュネーブのWHOの前で抗議行動が続いてうるのは、ガーディアン紙によるこの暴露報道があったからだろう。

 これまでの抗議行動は、WHOがきちんと原発の放射線対策をとっていたら、「チェルノブイリ」の悲劇はなかったかも知れない、との怒りによるものだった。

 これからはその怒りに「フクシマ」が加わる。

Posted by 大沼安史 at 10:01 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★★★原発NEWS〕 IAEA WHO(世界保健機関)の原発安全対策を阻止: