« 〔★★★★★ 原発NEWS〕 放射性セシウム 概算で「チェルノブイリ」の「50%」をすでに放出 | トップページ | 〔★★★★★ 原発NEWS〕  作業員が直面している危険 東電の説明以上の恐れ 米専門家が指摘 »

2011-03-25

〔★★★★★ 原発NEWS 訂正済み〕 放射性セシウム 避難圏の北西部を汚染の恐れ

 「憂慮する核科学者たち(UCS)」の直近(23日午前11時から=日本時間24日午前1時から)のブリーフィングで、ライマン博士はさらに、放射性セシウムが避難圏の北西部を汚染した可能性を指摘した。

 博士自身のモデルによる評価は、オーストリア気象局の放射性セシウム分評価、米エネルギー省の「放射性煙」マップともほぼ一致するものだという。

 I would like to say, I've been looking at some modeling results of my own, and I believe that the estimates that we heard from the Austrians Meteorological Agency yesterday about the amount of cesium that has already been released from the plant does appear to be roughly consistent with the plume map that the Department of Energy put out on March 22nd that shows the existence of a plume of contamination reaching toward northwest of the exclusion site.

 博士は記者との質疑での中で、風向きが変化しているなかで、なぜ「北西」部なのかの点について、放射性セシウムが放出されたとみられる時点での風向きは、ほとんどいつも北西方向への風だったことを明らかにした。

 And these are, again, very crude estimates, probably at least with a factor of two or more, but they do seem to be roughly consistent with that kind of a release.  Of course, the wind has shifted many times since this event started, but it is, if you look at that daily map, there is a very striking plume that does indicate that there seems to be at least a prevailing wind in that direction, or at least at the time of the significant cesium release, there was a pretty steady wind in that direction.

 博士はしかし、この評価はあくまでラフな見方であり、今後、数日かけて検討を進めるとも述べた。
 ⇒  http://www.ucsusa.org/nuclear_power/nuclear_power_risk/safety/nuclear-crisis-japan-telepress-transcript-03-24-11.html

 大沼・注 これはもちろん、現段階でのことである。これから先は分からない。

   しかし、この博士の指摘は重大な意味を持つ。

 下記の「50%」放出を考え合わせれば、避難圏の汚染(セシウムだけではない。セシウムはここではひとつの指標だ)はかなり深刻だ。当然、避難圏外の家屋に退避ゾーンの危険性も高いはず。

 住民再避難をべき時ではないか?

Posted by 大沼安史 at 08:43 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★★★ 原発NEWS 訂正済み〕 放射性セシウム 避難圏の北西部を汚染の恐れ: