« 〔原発NEWS〕 「3号機」ガス放出 AP電 | トップページ | 〔★★★ 原発NEWS〕 「安定ヨウ素」 首相官邸被災者ガイド「いのち」にも一切記述なし、20日午後3時現在 »

2011-03-20

〔★★★ 原発NEWS〕 保安院の現地対策本部(福島市)の当局者 「安定ヨウ素」を「3日遅れ」で配給 明かす

 
  AP電によると、福島市の保安院現地対策本部の当局者は、「安定ヨウ素」剤に(AP電では「安定ヨウ素」ではなく「ヨウ化カリウム」剤といっている。「安定ヨウ素」はIAEAの発表による)ついて、以下の事実を明らかにした。

 ① 「3号炉」が爆発した13日の日曜日に配給すべきだったが、配給命令は3日後(16日に)出た。

 ② 「この(配給)決断をして、もっと早く、広報すべきだった」

 

Amid concerns of wider contamination, a nuclear safety official said the government was caught off-guard by the accident's severity and only belatedly realized the need to give potassium iodide to those living within 12 miles (20 kilometers) of the Fukushima Dai-ichi nuclear complex.

The pills help reduce the chances of thyroid cancer, one of the diseases that may develop from radiation exposure. The official, Kazuma Yokota, said an explosion at the plant's Unit 3 reactor last Sunday should have triggered the distribution. But the order only came three days later.

"We should have made this decision and announced it sooner," Yokota told reporters at the emergency command center in the city of Fukushima. "It is true that we had not foreseen a disaster of these proportions. We had not practiced or trained for something this bad. We must admit that we were not fully prepared."

 ⇒ http://hosted.ap.org/dynamic/stories/A/AS_JAPAN_EARTHQUAKE?SITE=DCSAS&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT

 大沼: では3日後、16日に実際に配給・服用は行われたか、という疑問が残る。

     それにしても、大事な、大事な(少なくとも)3日間、原発至近の避難民はヨウ素剤なしにすごさなければならなかったわけだ。

 政府の罪は大きい。

Posted by 大沼安史 at 02:57 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★ 原発NEWS〕 保安院の現地対策本部(福島市)の当局者 「安定ヨウ素」を「3日遅れ」で配給 明かす: