« 〔★★★★★原発NEWS〕 ついにプルトニム | トップページ | 〔★★★★★原発NEWS〕 「惨事が進行していると確信」 »

2011-03-29

〔★★★★★原発NEWS〕 プルトニウム 「使用済み燃料」 由来か? 重量で1% 

 「憂慮する核科学者たち(UCS)」の直近(28日午前11時から=日本時間29

日午前1時から)のブリーフィングで、エドウィン・ライマン博士は、「フクシマ」で

プルトニムが検出したことに関し、東電の測定データをまだ見ていないと断った上で、

以下のような見解を示し、

 ・ ウラニウム238が中性子を吸収することで生成するプルトにウムが(フクシマ

)で検出されたということだ。
 ・ プールの使用済み燃料の重量で約1%がプルトニウムとして存在していることが

考えられる。
 ・ もうひとつは「3号炉」のMOX燃料が考えられるが、こちらのプルトニムは、

「使用済み」と比べ、量が少ない。

 ――「MOX燃料の状態について何事かを物語るものではないと考える」として、M

OXに比べ、「使用済み燃料」由来の可能性があることを示唆した。

 REPORTER:  I have one follow-up. And so do you think, you know, these

plutoniums are coming from the fuel rods?

  DR. LYMAN:  It could either -- well, you know, I don't know without seeing

what the actual measurements are, but there's plutonium -- in spent fuel, even

spent uranium fuel, there's plutonium that's generated when uranium 238

absorbs neutrons.  So, in the spent fuel in the pool, about 1 percent, by

weight, of some of that fuel could be plutonium.

There's also the MOX fuel in the core of reactor number 3, but that's actually

a relatively small amount of plutonium.  Actually, the plutonium in the MOX

fuel is smaller than the amount of plutonium that would have been in the

uranium fuel in the spent fuel pool.  So, I don't think it says anything one

way or the other about the condition of the MOX fuel.

⇒ http://www.ucsusa.org/nuclear_power/nuclear_power_risk/safety/nuclear-crisis-japan-telepress-transcript-03-28-11.html

Posted by 大沼安史 at 07:23 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★★★原発NEWS〕 プルトニウム 「使用済み燃料」 由来か? 重量で1% :