« 〔★原発NEWS〕 東電元所長 「前例があるときだけ仕事ができる。前例はなかった」と弁明 | トップページ | 〔★★★原発NEWS〕 「フクシマ」 チリ地震ツナミ(3.2メートル)をもとに標高4メートルに建設 »

2011-03-27

〔★★★原発NEWS〕 「あいまいな的(まと)に早撃ちで撃ちこんだ」 フクシマの耐震設計

 オオニシ記者らの記事で、日本の原発耐震設計の専門家であるアオヤマ・ヒオユキ東大名誉教授の「アクション交じりの発言」が紹介されていた。

 アオヤマ氏はニューヨーク・タイムズの取材記者に、親指と人差し指でピストルを撃つような形をつくり、こう言ったそうだ。

 「フクシマ」を作ったころの技術者たちは、「腰の拳銃を早撃ちしていたんだ」と。

 そしてその「的はあいまいなものだった」と。

 ここでいう「的」とは「フクシマ」をつくったときの、「通常の建物の3倍:」という原子炉の耐震基準を指す。

 資料もなく推測でつくった目標(的)。その「3倍を決定する何の根拠もなかった」と、アオヤマ氏は証言した。

 There is no doubt that when Fukushima was designed, seismology and its intersection with the structural engineering of nuclear power plants was in its infancy, said Hiroyuki Aoyama, 78, an expert on the quake resistance of nuclear plants who has served on Japanese government panels. Engineers employed a lot of guesswork, adopting a standard that structures inside nuclear plants should have three times the quake resistance of general buildings.

“There was no basis in deciding on three times,” said Mr. Aoyama, an emeritus professor of structural engineering at the University of Tokyo. “They were shooting from the hip,” he added, making a sign of a pistol with his right thumb and index finger. “There was a vague target.”

 ⇒ http://www.nytimes.com/2011/03/27/world/asia/27nuke.html?ref=world

 「早撃ちめくら撃ち!」だった「フクシマ」の耐震設計!

Posted by 大沼安史 at 12:19 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★原発NEWS〕 「あいまいな的(まと)に早撃ちで撃ちこんだ」 フクシマの耐震設計: