« 〔★原発NEWS〕 UCSブリーフィング 炉の燃料棒露出 「スリーマイル」越え 燃料棒が膨張 | トップページ | 〔★原発NEWS〕 UCSブリーフィング 核燃料の「まとまり」 炉の水没効果を低下の恐れ »

2011-03-21

〔★原発NEWS〕 UCSブリーフィング 注水でジルコニウム被覆 ひび割れの恐れ 核燃料破片 圧力容器のスティールを攻撃か

 UCSのブリーフィングで、ライマン博士はもうひとつの懸念を表明している。

 それはジルコニウム被覆がもろくなっていることだ。

 以下、博士の発言。

 ジルコウムが露出すると、拡張・膨張後に酸化して脆くなる。そこへ炉心への注水が行われると、ジルコニウム被覆にひび割れが起き、核燃料の破片が底に放出される。
 これは「スリーマイル」で起きたことだ。核燃料の破片は炉の底にたまったあと、そこから圧力容器の鋼鉄を攻撃する恐れがある。

 Another issue that may have come up is the embrittlement of the zirconium cladding. When the zirconium becomes uncovered, after it expands and balloons, it can become oxidized and eventually becomes embrittled. If the core is then reflooded with water, that could cause cracking of the zirconium and release of fuel particles in what's called the debris bed. This was seen at Three Mile Island. The debris could then sink to the bottom of the reactor vessel, where it might then begin an attack on the steel of the reactor vessel. Also, it makes the configuration of the core, again, harder to cool.

  ⇒ http://www.ucsusa.org/nuclear_power/nuclear_power_risk/safety/nuclear-crisis-japan-telepress-transcript-03-20-11.html

Posted by 大沼安史 at 09:46 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★原発NEWS〕 UCSブリーフィング 注水でジルコニウム被覆 ひび割れの恐れ 核燃料破片 圧力容器のスティールを攻撃か: