« 〔★★★★★原発NEWS〕 「惨事が進行していると確信」 | トップページ | 〔★★★★★原発NEWS 訂正済み〕 非揮発性のセりウム144を検出 「プール」の使用済み燃料から微粒子として放出 »

2011-03-29

〔★★★原発NEWS〕 プルトニム 溶解せず粘土に付着か? コロイド化し流れ出たものはどこに?

 「憂慮する核科学者たち(UCS)」の直近(28日午前11時から=日本時間29

日午前1時から)のブリーフィングで、ライマン博士は、記者の「プルトニムは土壌で見つかったそうだ。汚染水の水溜りから、そんなにかんたんに土壌に移転するものなのか」の質問に答え、以下のように語った。

 プルトニウムの化学に関する問題で、とても難しい問題だ。プルトニムは環境の中でコロイド(膠質)になることがある。コロイド化すると、地下水で広範に広がる。しかし、特定の条件下では地下水に溶解せず、粘土のようなもの付着することもあり得る。現場の地質に大きくかかわる問題だ。

REPORTER:  Sorry.  I was on mute. I wanted to follow up on the plutonium question.  Our Japanese-speaking reporter, who was listening to the press conference, said that they said that they had found it in soil, and the translation is that the radioactive substance shouldn't have any impact on human health.

How easily might this plutonium migrate if it's not in a puddle of water on concrete and has, in fact, gotten into the soil?

DR. LYMAN:  This is Ed Lyman.

That depends on the plutonium chemistry.  It's a very difficult question. Plutonium in the environment can form colloids, which can be transported more widely in groundwater; however, under certain conditions, it's very insoluble in groundwater and can be sorbed onto materials like clays.  So, it's really highly dependent on the geochemistry of a particular site.

 ⇒ http://www.ucsusa.org/nuclear_power/nuclear_power_risk/safety/nuclear-crisis-japan-telepress-transcript-03-28-11.html

  大沼 ということは、「フクシマ」の土壌で検出されたプルトニウムは、水に溶解しなかったもの、ということにもなるだろう。

 溶解したものはそのまま地中に沁みこんだり、流れ出てた、ということか?

Posted by 大沼安史 at 07:49 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★原発NEWS〕 プルトニム 溶解せず粘土に付着か? コロイド化し流れ出たものはどこに?: