« 〔★原発NEWS〕 「アフターヒート(Afterheat)」周知の必要性 米国の科学者が提言・警告 「今後1世紀にわたり、貧しい人々は汚染された土地に住み、汚染された食べ物を食べ、汚染された汚染された家で暮らさなければならない」 | トップページ | 〔★★★原発NEWS〕 プルトニウムの毒性――アルファ放射体ゆえ、体内被曝が問題→肺がんや白血病を誘発する »

2011-03-28

〔★★★原発NEWS〕 グリーンピース 北西40キロの飯館村で10マイクロシーベルト/時を測定 「避難が必要」

 「グリーンピース」の放射線測定チームは27日、「フクシマ」の北西40キロにある飯館村で、最大10マイクロシーベルト/時を測定した。

 年間の被爆量限界値は1000マイクロシーベルト。呼吸など内部被爆も今後、あり得るとして、グリーンピースでは避難の必要がある、と警告している。 

 Fukushima, March 27, 2011: Greenpeace radiation experts have confirmed radiation levels of up to ten micro Sieverts per hour in Iitate village, 40km northwest of the crisis-stricken Fukushima/Daiichi nuclear plant, and 20km beyond the official evacuation zone. These levels are high enough to require evacuation.

 The team measured radiation of between 7 and 10 micro Sievert per hour in the town of Iitate, on Sunday March 27th. The levels detected refer to external radiation, and do not take into account the further risks such of ingestion or inhalation. The annual limit for accumulated dose is 1000 micro Sieverts.

 ⇒ http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/Greenpeace-radiation-team-pinpoints-need-to-extend-Fukushima-evacuation-zone-especially-to-protect-pregnant-women-and-children-/

Posted by 大沼安史 at 03:02 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★原発NEWS〕 グリーンピース 北西40キロの飯館村で10マイクロシーベルト/時を測定 「避難が必要」: