« 〔原発 NEWS〕 英海軍 「フクシマ型」原潜を廃棄へ | トップページ | 〔★★★★★ 原発NEWS 訂正済み〕 放射性物質放出量 「チェルノブイリ」の既に「20~50%」 オーストリアが報告  »

2011-03-24

〔★★★★★ 原発NEWS〕 米CDCP 妊婦(とくに初期3ヵ月)に対する危険も警告 胎児に影響 母乳による哺乳についても指摘 妊婦にもミネラルウォーターだけでなく、ヨウ素剤も配給すべきではないか? 

 水道水の放射能汚染問題でニューヨーク・タイムズは、妊婦(とくに妊娠初期3ヵ月までの妊婦9が放射性ヨウ素を甲状腺に、より蓄積する、との米疾病予防管理センター(CDCP)の見解を報じた。

 さらにタイムズは

 ① 放射性ヨウ素は胎盤を通じ胎児に到達する。胎児の甲状腺は、妊娠による発達が進むにつれ、より多くの放射性ヨウ素を吸収する。

 ② 誕生した新生児の甲状腺の活動は、生まれた最初の週に4倍増し、数日間、そのレベルを維持する。

 ――ので、新生児はとくに危険にさらされやすいを指摘するともに、

 「母乳」で育てている母親は、摂取した放射性ヨウ素の4分の1をお乳の中に分泌する――と指摘した。 

 According to the United States Centers for Disease Control and Prevention, if an adult and a child ingest the same amount of radioactive iodine the thyroid dose will be 16 times higher to a newborn than to an adult; for a child under 1 year old, eight times the adult dose; for a 5-year-old, four times the adult dose. (この部分の訳は省略)

 Pregnant women also take up more iodine 131 in the thyroid, especially during the first trimester. The iodine crosses the placenta and reaches the fetus, and the fetal thyroid takes up more and more iodine as pregnancy progresses. During the first week after birth a baby’s thyroid activity increases up to fourfold and stays at that level for a few days, so newborns are especially vulnerable. Women who are breast-feeding will secrete about a quarter of the iodine they ingest into their milk.

 ⇒ http://www.nytimes.com/2011/03/24/world/asia/24japan.html?_r=1&hp

Posted by 大沼安史 at 08:14 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★★★ 原発NEWS〕 米CDCP 妊婦(とくに初期3ヵ月)に対する危険も警告 胎児に影響 母乳による哺乳についても指摘 妊婦にもミネラルウォーターだけでなく、ヨウ素剤も配給すべきではないか? :