« 〔★原発NEWS〕 「安全神話 溶融 : 「平和の原子」連続殺人犯に 原子力にアリバイなし」 | トップページ | 〔★★★原発NEWS〕 ツナミ対策 電動ポンプを20センチ、上げただけ »

2011-03-27

〔★★★原発NEWS〕 「ツナミの国なのに、政府の原発安全ガイドラインに2006年までツナミのツの字もなし」

 「ツナミ(tsunami)」という世界語をつくった国なのに、政府の原発安全ガイドラインには、2006年まで津波のツの字もなかった――ニューヨーク・タイムズの日系カナダ人記者、オオニシ・ノリミツさんが同僚記者と連名で、こんな記事を書いた。

 In the country that gave the world the word tsunami, the Japanese nuclear establishment largely disregarded the potentially destructive force of the walls of water. The word did not even appear in government guidelines until 2006, decades after plants — including the Fukushima Daiichi facility that firefighters are still struggling to get under control — began dotting the Japanese coastline.

 The first clear reference to tsunamis appeared in new standards for Japan’s nuclear plants issued in 2006.

“The 2006 guidelines referred to tsunamis as an accompanying phenomenon of earthquakes, and urged the power companies to think about that,” said Mr. Aoyama, the structural engineering expert.

 こうした(政府の)注意の欠如が、「フクシマ」のツナミ対策の悲しいまでの相対的な少なさを説明するものなのかも知れない。

 ⇒ http://www.nytimes.com/2011/03/27/world/asia/27nuke.html?ref=world

 大沼・注 オオニシさんは東京支局長も務めた人。取材を受けた東京の知人が、取材ぶりを賞賛していた。
 悲しいだろうな。父祖の国の政府や電力会社のこのありさまを見て!

Posted by 大沼安史 at 11:21 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★原発NEWS〕 「ツナミの国なのに、政府の原発安全ガイドラインに2006年までツナミのツの字もなし」: