« 〔原発NEWS〕 半径320キロ 米軍家族 「岩国」まで避難へ | トップページ | 〔原発NEWS〕 佐々淳行氏 緊急提言と批判 »

2011-03-19

〔原発NEWS〕 英国人マイケル・トング氏 仙台残留を決意

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、英国人のマイケル・トング氏(注・トングとは英国人の姓)は仙台への残留を決意した。

 学校の教師として5年間、住んだ街だ。「私は今、ここで離れられない。出るにしても、これが終わったら、だ。これが多くの外国人が思っていることではないか」

 But not all foreigners were fleeing. One Briton said he was not about to leave.

Michael Tonge, a schoolteacher in Sendai, the closest major city to the quake’s epicenter, said that many of the expatriates in his area were “forming groups using things like Facebook to try to get aid and help to the people who need it.”

“Sendai has been my home for over five years,” Mr. Tonge said, “and the people of this area have taken me in and made me feel very welcome. I can’t leave them now, after this. I think that’s how a lot of the foreigners here feel, too.”

  ⇒ http://www.nytimes.com/2011/03/19/world/asia/19exodus.html

Posted by 大沼安史 at 09:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔原発NEWS〕 英国人マイケル・トング氏 仙台残留を決意: