« 〔原発NEWS〕 日本の指導者の正直さの欠如 | トップページ | 〔原発NEWS〕 「フクシマ」の使用済み核燃棒 被覆ジルコニウム 発火したら消火困難 米専門家が指摘 »

2011-03-18

〔★★★ 原発NEWS〕 「日本の原発の安全問題と向き合おうとしない」 通産OBの谷口富裕IAEA(国際原子力機関、本部=ウィーン)事務次長を米外交官が厳しく批判 ウィキリークス国務省機密電で明らかに

〔原発NEWS〕  「日本の原発の安全問題と向き合おうとしない」 通産OBの谷口富裕IAEA(国際原子力機関、本部=ウィーン)事務次長を米外交官が厳しく批判 ウィキリークス国務省機密電で明らかに
 ロイター通信は、昨年まで!AEAの原子力安全担当の事務次長をしていた元通産(現経済産業省)官僚、谷口富裕(Tomihiro Taniguchi 敬称略)について、在ウィーンの米外交官が厳しく批判する機密電をワシントンに送っていた、と報じた。

 この機密電は、ウィキリークスが暴露した、いわゆる「米国務省機密電」の中に含まれていた。

 ロイターによると、ウィーンの米外交官は

 「タニグチ(事務次長)の運営能力の弱さと統率のスキルによって、(原子力安全担当の)部局は過去10年間にわたって、とてつもない被害を被って来た」(2009・12・1)
 
 「タニグチは、とくに自国、日本の(原発の)安全対策となると、弱いマネジャー、提唱者としてあり続けて来た。とくに(IAEAの)原子力安全局を、憎らしいママ子扱いて来た点で、米国をとりわけガッカリされた」(2009・7・7)

"For the past 10 years, the Department has suffered tremendously because of (deputy director general) Taniguchi's weak management and leadership skills," one said on Dec 1, 2009.

"Taniguchi has been a weak manager and advocate, particularly with respect to confronting Japan's own safety practices, and he is a particular disappointment to the United States for his unloved-step-child treatment of the Office of Nuclear Security," said another, which was sent on July 7, 2009.
 
 この谷口富裕という元官僚、天下り先の「原子力発電技術機構」で専務理事を務めたあと、IAEAに乗り込んだ通産OBである。

 IAEAで何をしたか?

 日本の原発の安全対策に、しっかり向き合おうとしなかった? そして、結果的に今回の「フクシマ」を引き起こした……?

 タニグチ・トミヒロ! この名前をしっかり覚えておこう!

  ウイキリークが暴露したこの機密電はガーディアン紙に掲載されている。 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/us-embassy-cables-documents/215499?INTCMP=SRCH

 この「6」 の部分を参照。

Posted by 大沼安史 at 10:03 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★ 原発NEWS〕 「日本の原発の安全問題と向き合おうとしない」 通産OBの谷口富裕IAEA(国際原子力機関、本部=ウィーン)事務次長を米外交官が厳しく批判 ウィキリークス国務省機密電で明らかに: