« 〔重要NEWS〕 IAEA 日本政府に2008年に警告 「地震対策時代遅れ、重大な問題を引き起こす」 ウィキリークス機密電で明るみに 英紙がスクープ報道  | トップページ | 〔原発NEWS〕 避難範囲グラフィック »

2011-03-17

〔原発NEWS〕 あと「48時間」が運命の時 仏専門家が警告

 英紙デイリー・テレグラフによれば、フランスの放射線防護・原子力安全研究所のティエル・シャルル氏は、以下のように語った。

 「これから48時間が決定的な時になるだろう。私は悲観的だ、日曜日以来、効いた解決策をほとんど目にしていないからだ」

 シャルル氏はしかし、「全てが失われているわけではない」と付け加えた。

 Thierry Charles, a safety official at France’s Institute for Radiological Protection and Nuclear Safety (IRSN), said: “The next 48 hours will be decisive. I am pessimistic because, since Sunday, I have seen that almost none of the solutions has worked.” He described the situation as “a major risk”, but added: “All is not lost.”

 ⇒ http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/8387051/Japan-nuclear-plant-Just-48-hours-to-avoid-another-Chernobyl.html

 大沼: シャルル氏の発言は少なくとも半日以上前の発言だ。
 ということは、「48時間」ではなく「36時間」しかない、ということか。

 「フクシマ」への送電復旧を急げ!

 現場の最後の戦いの成功を祈る!
 

Posted by 大沼安史 at 09:33 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔原発NEWS〕 あと「48時間」が運命の時 仏専門家が警告: