« 〔原発NEWS〕 東電はどうして義捐金を出さないのだ? | トップページ | 〔原発NEWS〕 住民の被爆 拡大 福島で43人 服を脱ぎ捨てる 肌をふき取られる…… »

2011-03-21

〔★★★ 原発NEWS〕 いわき市 「安定ヨウ素」 国の「指示なし」に19日から開始 日本政府 IAEAに虚偽の報告か

 毎日放送によると、いわき市は19日から、「国の指示なし」に「安定ヨウ素」の市民への配布を開始した。
 「国の指示なし」の配布は原子力災害特別措置法違反だが、同市は「万一に備えて
配った」。

 ということは、政府(原子力安全委員会)の「フクシマ爆発3日後の16日」に「配布勧告」は嘘だったわけだ。

 IAEAに「16日に勧告しました」と日本政府が報告しているのは嘘だったわけだ。 

 ⇒ http://www.mbs.jp/news/jnn_4679196_zen.shtml 

 これは今度の政府責任を追及する、ひとつの根拠となる報道なので、以下に毎日放送の記事の全文を掲げる。

 福島第一原発事故によって住民に不安が広がっていることから、いわき市では国の指示なく住民に安定ヨウ素剤を配りました。これは法律に違反していますが、市は万が一に備えたものだとしています。

 安定ヨウ素剤は、体内被ばく後すぐに服用すれば、甲状腺がんを防ぐ効果がありますが、一方で副作用などがあるため、原子力災害特別措置法では、国の指示後に住民に配布することが定められています。

 しかし、いわき市は、これを無視した形で19日から40歳以下の市民への配布に踏み切りました。いわき市の渡辺敬夫市長は、「市民の不安に思う気持ちにこたえ、万が一に備えるために配った」と話しています。

 「政府もヨウ素剤を使用した事がない。そういう設計ができていない」(いわき市 渡辺敬夫市長)

 いわき市では、市から指示があったときに服用するように呼びかけています。また、専門家も冷静な対応を呼びかけています。

 「アレルギーのある方はジンマシンが出たり、かゆみが出たり、ショックも起こりえる。甲状腺の病気のある方は悪化する事もある。あくまでも慎重に服用ということになる」(放射線医療に詳しい 斎藤紀医師)
(20日17:40)

Posted by 大沼安史 at 07:32 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★★★ 原発NEWS〕 いわき市 「安定ヨウ素」 国の「指示なし」に19日から開始 日本政府 IAEAに虚偽の報告か: