« 〔原発NEWS〕 独シュピーゲル誌 「原子力時代の終わり」 | トップページ | 〔原発NEWS〕 シュピーゲル 世界の専門家 日本側専門家とコンタクト 情報を交換 非公開フォーラムで議論 »

2011-03-20

〔原発NEWS〕 シュピーゲル「なんと傲慢だったことか」

 権威ある独週刊誌「シュピーゲル」は英文解説記事、「原子力時代の終わり」の中で、チェルノブイリの爆発事故の際、ドイツの原子力業界が「東側のずさん」さを批判、「西側」の原子炉がいかに「モダンで安全」かと自慢げに吹いたことについて、「いかに傲慢な態度だったか明らかになった」と述べ、日本で起きているということはドイツでも起きることだ、「フクシマは至るところにある」と指摘した。

 When the Chernobyl accident occurred, Germany's nuclear industry managed to convince itself, and German citizens, that aging reactors and incapable, sloppy engineers in Eastern Europe were to blame. Western reactors, or so the industry claimed, were more modern, better maintained and simply safer.

It is now clear how arrogant this self-assured attitude is. If an accident of this magnitude could happen in Japan, it can happen just as easily in Germany. All that's needed is the right chain of fatal circumstances. Fukushima is everywhere.

  ⇒ http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,750773,00.html

 傲慢さということでは、日本もドイツに負けなかった……

Posted by 大沼安史 at 11:00 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔原発NEWS〕 シュピーゲル「なんと傲慢だったことか」: