« 〔いんさいど世界〕 エジプト パンと怒りの革命 | トップページ | 〔コラム 机の上の空〕 「なんてきれいな世界!」  »

2011-02-13

〔エジプトNEWS〕 数百人が「広場」に残留 軍評議会に今後のスケジュールの明示を要求

 英BBC放送によると、13日の日曜日、カイロのタハリール広場では、軍最高評議会に今後の政治的なタイムテーブル(スケジュール)を明らかにするよう要求する人々が数百人、残留し、なおプロテストを続けている。

 タハリール広場ではこの日早朝、軍と残留組との間で小競り合いが起きたとの情報もあるが、BBC特派員によれば、残留者の軍による「排除」は、手荒ではないかたちで行われたという。

 広場にはしかし、それでもまだ数百人が残っており、軍最高評議会に選挙などのタイムテーブルを要求している。タイムテーブルが示されるまで、広場での座り込みを続ける構えだ。 

  ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=wTLawhG1zI4

 ムバラクを紅海の保養地、シャルムエルシェイクに「国内追放」したとされる軍最高評議会は、「自由で民主的な国家」づくりにコミットとするとは「約束」したものの、選挙など政治体制移行のタイムテーブルを示していない。

 また、ムバラク政権の内閣もそのまま状態だ。

 英紙ガーディアンによれば、活動家グループの「広場」での残留プロテストは、こうした不透明な状況に抗議、今後の道筋を明確化しようというもの。

 タハリール広場では「民衆評議会」が置かれ、「人民コミュニケ」の発表も行われているそうだ。 

 ⇒  http://www.guardian.co.uk/world/2011/feb/12/egypt-military-leaders-fall-out-protesters

 

Posted by 大沼安史 at 06:43 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/50860601

この記事へのトラックバック一覧です: 〔エジプトNEWS〕 数百人が「広場」に残留 軍評議会に今後のスケジュールの明示を要求: