« 〔いんさいど世界〕 あかんな・ほんと ダボスで全開 | トップページ | 〔いんさいど世界〕 最新鋭「イージス艦・あたご」――われ、体当たり攻撃の「父子船」の撃沈に成功せり!――の嗚呼!  »

2011-01-31

〔いんさいど世界〕 戦車と落書き エジプト・オレンジ(?)革命

  英紙インディペンデントの世界的な中東記者、ロバート・フィスク氏がエジプト入りし、カイロの街頭に立った。

 氏のカイロ・ルポが、同紙電子版(30日付)に掲載された。

  ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/middle-east-unrest-spills-on-to-streets-of-egypt-2194484.html

 4万人が広場に集まっていた。人々は「泣いていた、叫んでいた、歓喜の声を上げていた」。

 広場に、米国製のエジプト陸軍の戦車がいた。フィスク氏はその戦車によじ登った。数百メートル先の内務省付近で、武装警官隊がデモ隊に発砲していた。

 しかし、武装警官隊は戦車のいる広場には近づかない。

 「ムバラクの戦車が、ムバラクの独裁政治から、首都カイロを解放しつつある……」

 あのビン・ラディンと何度も単独会見に成功した、歴戦のベテラン記者は書いた。

 「歴史的な祝祭……これは、あの(チャウシェスクを打倒したルーマニアの)ブカレストの解放に等しいものではないか。(戦車に登った私は)あのパリ解放のニュース映画を思い出すばかりだ」

 ####

 ムバラク政権はアメリカに支えられた政権だった。中東アラブ社会をコントロールし、石油を確保し、イスラエルを守る――そのために、惜しみもなく「援助」を続けて来た。

 アメリカの後ろ盾で権勢をふるい続けた政権だった。

 そのアメリカが――オバマ政権が、ムバラクを見限っている……。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2011/jan/29/white-house-aid-egypt

 オバマ大統領自ら、デモ隊に対する暴力的弾圧を辞めろ、と言い、「エジプト民衆がより大きな自由と、より大きな機会、さらには正義の中で生きることができる、そんな未来を導く政治変革の道筋」を拓く「エジプト民衆の権利を高める具体的なステップ」と要求している。

 それどころか、ホワイトハイスの報道官は、年間15億ドルの援助(大半が軍事援助)を「見直す」、と圧力をかけている。

 オバマ政権の「見限り」の狙いはハッキリしている。「笑う牛」という仇名のムバラクを切って、チュニジアから始まった、怒涛のアラブ革命の勢いを殺ぎたいからだ。

 サウジ、ヨルダンへの波及を阻止したいからだ。

 ####

 僕がカイロにいた1990年代の初めの頃、すでにムバラクの評判は悪かった。

 息子に「第2エジプト航空」を経営させるなど、一族だけが肥え太っている……イスマイリアの宮殿に、女性たちを集めて、堕落したパーティーを開いた……

 そんな噂をよく耳にしたものだ。 

 ####

 最後のあがきでムバラクは、スレイマンという諜報機関の長官を副大統領に据える、乗り切り人事を発表した。

 フィスク記者はカイロの広場の戦車のそばで、その「ニュース」を、周りにいたエジプトの若者たちに伝えた(フィスク記者はアラビア語が堪能だ)。

 それを聞いて、若者たちは、どっと笑ったそうだ。

 そんなことで済む事態じゃないだろ? 「笑う牛」さんよ――若者たちの「大笑い」には、そんな時代認識が――新しい時代が到来したという思いが込められていたはずだ。

 ####

 フィスク氏のルポは、こうも報じている。

 若者たちは、広場の戦車の車体に「ムバラク出てゆけ」と落書きした。「落書き」を――「言葉」が書かれるのを、戦車の兵士たちは黙認した。

 「ムバラクよ、お前の独裁は終わった」――こんなステッカーがカイロ中の戦車のほとんどに貼られている。 

 戦車のクルーに、デモ隊がオレンジを差し入れた。
 (このエピソードから、今回のエジプト革命は「オレンジ革命」と呼ばれることになるかも知れない……??)

 ####

 ところでフィスク氏はこの「カイロ街頭ルポ」の中で、見落としてはならないことをちゃんと確認し、記事に書いている。

 それは戦車のそばで歓喜する若者らデモ隊のそばで、エジプト最大の野党である「ムスリム同砲団」のメンバーが祈りを捧げていたことだ。

 イスラム主義を掲げる「ムスリム同砲団」は貧困地区に診療所を拓くなどして勢力を拡大したが、ムバラク政権によって、これまで徹底して抑え込まれていた(ここから出た最過激派がアルカイダに合流したことは、よく知られた事実である)。

 「ムバラク後」の政治情勢の中で、「ムスリム同砲団」がどのような動きをするか?――そこに今後のエジプト情勢……いや中東アラブ世界の全体の動きを占い鍵が潜んでいる。

 ムスリム同砲団 Wiki ⇒  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A0%E5%90%8C%E8%83%9E%E5%9B%A3

 ####

 「チュニジア・ウィキリークス革命」「パレスチナ文書」の暴露に続く、今回の「エジプト革命」――。

 フィスク記者は、「カイロの街頭は、米欧の指導者たちが真実を摑み損ねていた事実を軽く証明した。君たちが考えているような)時代は終わったのだ」と書いているが、米欧の「米」の中には、追随国家である、われらが「日本」も含まれていよう。
  

Posted by 大沼安史 at 10:13 午前 1.いんさいど世界 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/50736122

この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 戦車と落書き エジプト・オレンジ(?)革命: