« 〔速報 NEWS〕米政府の秘密外交電 「東京大使館」発 大量に含まれる 発信地別で第4位 | トップページ | 〔ウィキリークス開示 米機密電 NEWS〕 東京大使館発の暴露電報は9734件 »

2010-11-29

〔ウィキリークス開示 米機密電 NEWS〕 日本外交官が「通報」 北京の米国大使館発の秘密電 麻生首相会談 「温家宝首相は疲労困憊」

 昨年(2009年)5月8日の北京発秘密電(コンフィデンシャル)に、情報を「報告(通報?)」した者として、日本のDCM(外交使節代表?)、Kunio Umeda の名前が出て来る。
 ⇒ http://cablegate.wikileaks.org/cable/2009/05/09BEIJING1247.html

 「外務省南部アジア部長の梅田邦夫」氏のことを指すものとみられる。

 秘密電によれば、クニオ・ウメダは同年4月末、訪中した麻生首相が中国首脳部と会談した際の印象として、温家宝首相は「経済危機との対処で疲労困憊し、胡錦濤は逆に「自信と余裕タップリ」のようだった――と報告している。以下の電文参照。

  (C) Japanese DCM Kunio Umeda reported that PM Taro Aso,
who had visited Beijing April 29-30, had said Premier Wen
Jiabao was "very tired and seemed under a lot of pressure"
from dealing with the economic crisis, while President Hu
Jintao had seemed "confident and relaxed."  PM Aso had
requested China not implement its planned compulsory
certification of IT products in China, while Premier Wen had
insisted the law was consistent with China's WTO commitments.

 それにしても、日本の外交官たるもの、こんなに軽々しく、任務で得た情報を他国に通報してよいものだろうか?

 ウィキリークスによる機密電のフォーマット化された「情報公開」はまだ始まったばかり。
 日本時間、本日8時55分現在で、「TOKYO」が含まれるものは、この一件かぎりだ。

 これから、続々と出てくるはず。

 日本のマスコミはウオッチを!

Posted by 大沼安史 at 09:03 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ウィキリークス開示 米機密電 NEWS〕 日本外交官が「通報」 北京の米国大使館発の秘密電 麻生首相会談 「温家宝首相は疲労困憊」: