« 〔いんさいど世界〕 布施辰治 生誕130年 | トップページ | 〔NEWS〕 「地球に対する戦争を終えるとき」 ヴァンダナ・シヴァ女史、「シドニー平和賞」受賞スピーチ(全文) »

2010-11-07

〔いんさいど世界〕 オバマよ、ガンディーは泣いているよ……

 訪印中のオバマが6日、ムンバイの「ガンディー記念館」を訪れ、ゲストブックに署名した。

 ゲストブックの「1959年」の欄には、マーティン・ルーサー・キングの署名があった。

 オバマが上院議員だったころ、議員室に掲げていたのが、ガンディーの肖像だった。

 オバマが昨年、ノーベル平和賞を受賞した際、そのスピーチで、「指針にする」と言ったのは、キング師だった。

 キング師はその「自伝」で、最も影響を受けたのは、ガンディーだった、と書いている。

 CNNのニュース・ビデオで見た、オバマの顔は真剣だった。
 キング師の署名を見た、オバマの表情は真剣なものだった。
⇒  http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/11/06/india.obama.gandhi/

 オバマよ、原点に戻るのだ。ガンディーとキング師の原点に立ち帰れ!

 ####

 ガンディーで思い出したことがある。2005年、当時の小泉首相がインドを訪問した時のことだ。

 夕方の民放のテレビのニュースで、インドのシン首相が、ガンディーのブロンズの像(彫刻)を、小泉首相に紹介しているシーンが映し出された。

 ガンディーの像について、何のコメントもなかった。

 シン首相が小泉首相に見せた「ガンディーの像」は、(たぶん)間違いなく、日本人彫刻家による「ガンディー像」である。

 ガンディーはスイスの山荘に、かのロマン・ロランを訪ねたことがある。

 2人が暖炉の前で話し合う、その部屋に、日本人の彫刻家がいた。あの、高田博厚氏がいた。

 ガンディーを見ながら、ペタペタ、粘土を手のひらで、たたいていた。

 ――そういう事実を、おそらく日本の外務省は知っていたはずだ。 でも、それをマスコミに伝えなかった。

 だから、シン首相がせっかく用意した「ガンディーの像」の意味は、われわれ日本人に伝わらなかった。

 ####

 1906年の9月11日、南アフリカ・ヨハネスブルクの帝国劇場に、3千人を超すインド系住民が集まり、彼らを二等市民の地位に貶める人種差別立法、「アジア人法修正令(登録法)」を非難した。

 参加者の一人が立ち上がり、このような法には服従しないと、神の宣誓を行った。その若き弁護士こそ、あのマハンダス・K・ガンディーだった。

 ガンディーは、個人としてのラジカルな行為への共同参画――これについてガンディーは後日、「新しい原則が、その時すでに生まれていた」と語っている――を、「真理の力」、すなわち「サティヤーグラハ」による創造的な閃きと捉えた。それは、史上最も暴力的な世紀だった20世紀を通して、「非暴力」という、偉大なる抵抗の物語を生み出すものだった。
 (拙訳、『戦争の家』(ジェームズ・キャロル著、緑風出版、上巻)

 
 ####

 「9・11」には、ガンディーから続く、もうひとつの流れがあったのだ。

 オバマよ、もはや明らかであるだろう。

 私たちは「テロとの戦争」の口火を切った、「2001年」の「9・11」ではなく、「1906年」の「9・11」に帰らなければならないのだ。

 これこそオバマよ――これそこ、本来、君の出発点ではなかったか。

 ####

 あらためて、オバマに言うことにしよう。君は「ノーベル平和賞」をもらった人間ではないか。

 かのガンディーは、さまざまな妨害に遭い、ついにノーベル平和賞を受賞することがなかったことは、君も知ってのことだろう。

 でも、君は――ガンディーが手にすることのなかった「ノーベル平和賞」を、オバマよ、君は手にしている……。

 その意味の重さを――オバマよ、君は知らねばならない。

 ガンディーの言う、「真理の力」、すなわち「サティヤーグラハ」による創造的な閃きを、オバマよ、君は君なりに、世界に伝えなければならないのではないか。

 ####

 ルーサー師の青インクで書かれた署名を見た時の君の表情には、たしかに厳しく、誠実なものがあった。

 オバマよ、その思いに正直であってほしい!

 かのマイケル・ムーア監督ではないが、それでも民衆は君を好きなのだ。

 希望を込めて、好きなのだ。

 しかし大統領になって以来の君の所業を、ガンディーは泣いているはずだ。キング師も泣いているはずだ。

 ####
 
 ガンディーに見習い、キング師に見習い、オバマよ、もう一度、世界の不正義に立ち向かい給え!

  君よ、立ち向かい給え!

 オバマよ、君はインドでガンディーに会うことができたのだから、正気の道――真理の道へ、もう一度、帰り給え!

 君よ、原点に帰るのだ!

Posted by 大沼安史 at 08:10 午後 1.いんさいど世界 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/49963986

この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 オバマよ、ガンディーは泣いているよ……: