« 〔NEWS〕 ガーディアン紙 米軍アパッチ・ヘリ「7・12」イラク住民虐殺事件を再報道 死者は「19人」 「蜂の巣」にされたヴァン 生き残った兄妹にインタビュー  | トップページ | 〔いんさいど世界〕 「風刺」が病巣を抉り、「笑い」で癒されるアメリカ ワシントンで《「正気」の、そして/あるいは「恐怖」の復興のためのラリー》 リベラル派コメディアン ジョン・スチュアート、ステファン・コルバート両氏の呼びかけに応え、全米から25万人が結集  »

2010-10-27

〔重要NEWS〕 アメリカ アフガンで敗れたり!―― ロシア 米・NATOの「アフガン戦争」を支援 旧ソ連軍の撤退から21年ぶりの‘アフガン復帰’ 兵站ルートを保証 ヘリを供与 「グルジア」で取引 来月のNATOリスボン・サミットで正式発表へ 英紙インディペンデントがスクープ報道

 「アメリカ軍事帝国」がついに、「アフガン戦争」での「敗北」を認めた。自力では勝てない……。

 タリバンの攻勢でパキスタン・ルートの補給もままならない苦境下、ロシアに救い手を求めたのだ。

 ロシアに助けてもらわなければ、来年7月からの、米軍(NATO軍)撤退開始も、覚束ない、と。

 そして、ロシアが助け舟を出した。

 ロシアが支援合意――英紙インディペンデントがスクープで報じた。

http://www.independent.co.uk/news/world/politics/exclusive-afghanistan-russia-steps-in-to-help-nato-2117468.html

http://www.independent.co.uk/opinion/leading-articles/leading-article-natos-afghan-endgame-begins-with-a-helping-hand-from-russia-2117150.html

http://www.independent.co.uk/opinion/commentators/anne-penketh-natos-siren-song-may-well-drown-out-moscows-bitter-experience-2117470.html

 ロシア・ルートでの補給の確保と軍用ヘリ(MMi-21)の供与などがロシア側の支援の柱。ロシア軍の直接介入はない見通しだが、ロシアのアフガン関与は、旧ソ連軍のアフガン撤退(1989年)以来、21年ぶり。

 チェチェン問題などに苦しむロシアとしては、アフガンの「安定」は望むところだが、インディペンデント紙によると、今回の合意は、アメリカ側からの強い働きかけによる。「乞食に選ぶ権利はない」と、同紙は手厳しく指摘している。

 ロシアの支援合意は、来月、リスボンで行われるNATOのサミットにロシアのメドヴェージェフ大統領が出席して正式に公表される見通し。

 ロシア側は見返りに、「グルジア問題」からの「離脱」を、米・NATO側に約束させた。
 これは水面下での「取引」で、公式に明らかにされる種類のものではない。

 パキスタン・ルートに代わるロシア・ルート(地上)での補給は、実はこれまでも限定的な形で続けられており、ロシア領空内の航空機の通過も認められて来た。

 バルト海の不凍港、リガ(ラトビア)からロシア領内を通過し、アフガンに入る兵站ルートが全面的に開かれることで、オバマ政権は来年7月からの米軍など撤退開始を前に、底の抜けたカルザイ傀儡政権の土台を少しでも下支えしたい考えのようだ。

 ロシア軍ヘリのMi-21 はすでに5機が、米軍の友軍のポーランド軍に供与され、アフガンでの戦闘に使用されている。

 ロシアは、このMi-21ヘリを今後、「数十機」アフガン政府軍の供与する。

 ロシアはまた、アフガン政府軍と麻薬取締部隊の訓練も行うという。

 インディペンデント紙は、アフガンに「デモクラシー」を移植するなど夢想に終わり、今や、アメリカはタリバンとの和平交渉に望みをつなぐまでに追い込まれている、と指摘している。

 タリバンを交渉のテーブルに就かせることができるか、どうかも、パキスタンの軍情報部頼りだと。

 そんな切羽詰まったところで、ロシアにすがりついたアメリカ!……

 アメリカは旧ソ連同様、アフガンで敗れたのだ。

 ロシアの救いの手のなかで、アフガン戦争のエンドゲーム(終幕)は幕を開けようとしている。

 (イラクもそうだったが、アフガンでも、日本はアメリカの「テロとの戦争」を支持して来た。それが、この結末……!)

Posted by 大沼安史 at 01:27 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔重要NEWS〕 アメリカ アフガンで敗れたり!―― ロシア 米・NATOの「アフガン戦争」を支援 旧ソ連軍の撤退から21年ぶりの‘アフガン復帰’ 兵站ルートを保証 ヘリを供与 「グルジア」で取引 来月のNATOリスボン・サミットで正式発表へ 英紙インディペンデントがスクープ報道: